月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪代表デーデー・ブルーノは右脚付け根痛め予選敗退「最後だから出たかった」/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)1日目

第90回日本インカレの初日が行われ、男子100m予選に東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(東海大)が出場。だが、60m付近でスピードを緩めてフィニッシュし、13秒04(+0.2)で7着に終わった。

「8月末に右脚の付け根を痛めてしまいました」とデーデー。それでも「最後だったのでなんとか出たかった」と、走れないことはわかっていても4年生としてインカレの舞台を走りたかった。「スピードを出すのが怖かったです」と不安を明かす。

激動のシーズンだった。この5月までは、注目の学生スプリンターの一人。だが、6月の日本選手権で2位に入り、一躍脚光を浴びた。東京五輪4×100mリレーに選ばれ、これまでに体験したことのない取材攻勢。貴重な体験をした反面、いつ出番があるかわからない状態で調子を保ち続けながら実戦の場がなく、「心身ともに難しかった」と心境を吐露する。

秋に向け、そのスピードを出す練習をしようとした矢先の故障。インカレを控えていたこともあり、まだしっかりと診察も受けられていない状況だという。

「身体は大きくなりましたが、海外の選手に比べればまだまだ。特にお尻周りはすごかった。やれることがたくさんあるな、と。ここからはチームのサポートに回ります。しっかり治してまた頑張ります」。ジェットコースターのような1年を終えたデーデー。ケガが癒えた時には、一回り成長してトラックに戻ってくる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com