月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀が小学生と50m本気勝負で5秒87!「今後も幅広くやっていきたい」


◇Athlete Night Games in FUKUI2021(8月28日/福井県営)

桐生祥秀(日本生命)が歴史を作った思い出の地・福井で新たなチャレンジをスタートさせた。3回目を迎えたAthlete Night Games in FUKUIで、桐生自らが発案した「Sprint 50 Challenge」を実施。小学生たちと50mで真剣勝負を繰り広げた。

次世代や社会に対して向き合う活動に取り組むために桐生自身が立ち上げたプロジェクト・ブランド「K-Project」の一環として、「誰もが走ったことのある」50mにチャレンジする企画「Sprint 50 Challenge」。今回、桐生が日本人初の100m9秒台となる9.98をマークした「9.98スタジアム」の愛称がつくこの場所で1回目を行った。

午前中の予選を勝ち抜いた小学生6人とスタートに立った桐生。ルールは簡単、スターティングブロックを使わず、50mを真剣に走るだけ。前日「スピード感を感じてほしい」と話していた桐生はスタートから全力疾走。公認レースでの日本記録(5秒75/朝原宣治)に迫る5秒87で、あっという間に50mを駆け抜けた。会場からは大きな拍手が送られ、一緒に走った小学生たちは目をまん丸にしていた。

「たぶん、こんなに速い人と走る機会は今後ないと思うので、レーンに並んでも大丈夫」と桐生。「思い出に残ってほしい」と話し、「練習しないと速くならない。しっかり練習して、しっかり休む」とアドバイスを送った。50mという『陸上競技』としてはほとんど実施されない種目だが、日本人なら体育で誰もが一度は走ったことのある距離。「今後は陸上以外のスポーツ人などちょっと出てみようと思ってもらえるように、幅広くやっていきたい」と語った。

一緒に走り、7秒16で2位だった吉田晴翔くん(ユティック/6年)は、「僕が1秒くらい走った時にはずっと遠くにいました。桐生選手のように世界で戦える選手になりたいです」と話す。7秒33で3着の西出結香さん(A-1Jr/6年)は「桐生選手はスピードがすごかった。隣で走る機会はないと思います」とうれしそうに語った。2人は全国小学生交流大会に出場を予定している。

上田歩武くん(ピースアスリートクラブ/3年)は「桐生選手を超えたいです!」と堂々宣言。「いつか100mを一緒に走れたら」と桐生は応えていた。東京五輪を終え、「ブームが終わるが、東京五輪という話題がなくても違った形で盛り上げていきたい」と語っている。日本陸上界の象徴的存在でもある桐生は走り以外でもインパクトを残すつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com