HOME ニュース、海外

2021.08.20

U20世界選手権がケニアで開催 女子100m17歳のクレイトンが五輪入賞マシリンギ抑えV
U20世界選手権がケニアで開催 女子100m17歳のクレイトンが五輪入賞マシリンギ抑えV

U20世界選手権が8月18日からケニア・ナイロビで開催されている。

1日目の18日には3種目の決勝が行われた。女子棒高跳はM.ラインシュトルフ(南アフリカ)が4m15で優勝し、同国のU20ナショナルレコードを更新。この大会で初めて実施された男女混合4×400mリレーはナイジェリアが3分19秒70で初代王者となった。男子3000mはT.ウォルク(エチオピア)が7分42秒09の大会新で勝利。ウォルクは翌日の5000mでも2位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

19日は男女100mなど6種目の決勝種目を実施。女子100mはジャマイカの17歳、T.クレイトンが11秒09(-0.6)の自己ベストで制した。東京五輪女子200mで5位に入ったB.マシリンギ(ナミビア)に0.3秒の差をつけ圧勝。マシリンギは11秒39で2位だったが、予選では11秒20で走りナミビアのナショナルレコードを樹立した。

男子100mに勝ったのはL.テボゴ(ボツワナ)でタイムは10秒19(-0.2)だった。この日の中長距離種目では開催国・ケニアの選手が上位を占めた。女子3000mはT.M.ガテリが8分57秒78で勝ち、同じくケニアのZ.J.イェゴが8分59秒59で2位に続いた。男子はB.キプランガトが13分20秒37の自己ベストで優勝を飾った。

男子砲丸投はJ.C.バスケス-ゴメス(キューバ)が19m73で勝ち、女子やり投はA.ヴィラゴス(スロバキア) が61m46の今季U20世界最高で優勝した。

大会は22日まで行われる。なお、日本は派遣を見送っている。

広告の下にコンテンツが続きます
U20世界選手権が8月18日からケニア・ナイロビで開催されている。 1日目の18日には3種目の決勝が行われた。女子棒高跳はM.ラインシュトルフ(南アフリカ)が4m15で優勝し、同国のU20ナショナルレコードを更新。この大会で初めて実施された男女混合4×400mリレーはナイジェリアが3分19秒70で初代王者となった。男子3000mはT.ウォルク(エチオピア)が7分42秒09の大会新で勝利。ウォルクは翌日の5000mでも2位に入った。 19日は男女100mなど6種目の決勝種目を実施。女子100mはジャマイカの17歳、T.クレイトンが11秒09(-0.6)の自己ベストで制した。東京五輪女子200mで5位に入ったB.マシリンギ(ナミビア)に0.3秒の差をつけ圧勝。マシリンギは11秒39で2位だったが、予選では11秒20で走りナミビアのナショナルレコードを樹立した。 男子100mに勝ったのはL.テボゴ(ボツワナ)でタイムは10秒19(-0.2)だった。この日の中長距離種目では開催国・ケニアの選手が上位を占めた。女子3000mはT.M.ガテリが8分57秒78で勝ち、同じくケニアのZ.J.イェゴが8分59秒59で2位に続いた。男子はB.キプランガトが13分20秒37の自己ベストで優勝を飾った。 男子砲丸投はJ.C.バスケス-ゴメス(キューバ)が19m73で勝ち、女子やり投はA.ヴィラゴス(スロバキア) が61m46の今季U20世界最高で優勝した。 大会は22日まで行われる。なお、日本は派遣を見送っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top