月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実の東京五輪ユニフォームが小野市役所に展示 8位入賞の快挙に地元沸く

写真/時事

東京五輪の女子1500mで日本人93年ぶりの決勝進出を決め、史上初の8位入賞を果たした田中希実(豊田自動織機TC)が、五輪で着用したユニフォームを地元・小野市に出展。同市役所1階に展示されている。

小野市では7月1日から8月31日まで、「東京オリンピック応援企画」として、女子1500mの新旧日本記録保持者である同市出身の田中、小林祐梨子さん(08年北京五輪5000m代表)らを紹介する「たすきつなぎ展」を開催。市の広報誌『広報おの』のバックナンバー展示のほか、五輪出場内定を決めた試合で実際に使用したスパイクやユニフォームがお披露目されており、今回はそこに五輪で使用したユニフォームやバッグが追加された。

また、新たに寄せ書きコーナーも設置されており、田中へのメッセージを書き込むことができる。寄せ書きは後日、本人に届けられる。

田中は今回の東京五輪で1500mと5000mの2種目に出場した。先に行われた5000mでは予選敗退に終わったが、1500mでは予選で4分02秒33、準決勝で3分59秒19と自身の持つ日本記録を立て続けに更新。決勝では再び3分台の好タイムをマークして入賞の快挙を成し遂げた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com