HOME 東京五輪、日本代表、五輪
田中希実1500m8位入賞の快挙!「今までの常識を覆せた」駆け抜けた真夏の4レース
田中希実1500m8位入賞の快挙!「今までの常識を覆せた」駆け抜けた真夏の4レース


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

田中希実(豊田自動織機TC)の大冒険は、最終章も衝撃だった。

5000m予選に始まって4レース目。田中にとって東京五輪、最後のレースがスタートした。居並ぶのは世界のトップランナーたち。1周目は62秒84。速い。心が躍った。

「すごい、すごい」。こんな入りをしたことがない。それにしっかりついていく。ひときわ小さな身体が、ピョンピョンとリズム良くピッチを刻む。

800m通過は2分07秒。落ちない。粘る。優勝争い、メダル争いは一気に動く。そこにはつけない。「ラストはしんどすぎて意識が飛んでいた」。8番手を疾走。後ろから選手が迫るが、これまで培ってきた努力が、最後まで脚を動かした。

準決勝に続いて2度目の3分台となる3分59秒95。日本人女子が、これまで出たことがなかった1500mで8位入賞。信じられないことが起こった。日の丸が投げ込まれる。

「入賞で国旗を掲げるのは恐縮なんですが、1500mに日本で初めて出場できて新しいことができたので、そのご褒美で。そういう姿を見て喜んでいただけたらうれしいです」

誰も信じられないことだったが、田中は違った。「3分台はいつか出したいと思っていました」。ただ、「こんなに早く出ると思いませんでした」。

それだけのことができたのは、「オリンピックという舞台」の力が大きいという。

「決勝に残れることだけでもビックリしていましたが、最低限入賞できたことはよかったです。今までの常識を覆す、自分の中の常識も覆すことができました」

これだけのことをやってのけても、自分のことを客観的に見る。「4分を2回切れたのは価値があると思いますが、最後は粘ることができなかった。準決勝のほうが上がりは速かったと思います。あの入りを楽に行ければ勝負できると思います。最後まで追えるようなスタミナをつけたいです」。田中はどこまで見据えているのか。

「1500mは、今回決勝に進んだことが重荷になるかもしれません。予選、準決勝も針の穴に糸を通すような感じで通過しました。自分も、応援してくださる方も『次も』と思います。難しいことだと思いますが、次は優勝争いに絡めるように磨いていきたい」

小さい頃、徒競走に負けたあの日から「今日より明日、速くなりたい」と駆け抜けてきた。それを体現した21歳の夏。きっと明日、今日よりも田中は強く、速くなっている。

写真/時事 ◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目 田中希実(豊田自動織機TC)の大冒険は、最終章も衝撃だった。 5000m予選に始まって4レース目。田中にとって東京五輪、最後のレースがスタートした。居並ぶのは世界のトップランナーたち。1周目は62秒84。速い。心が躍った。 「すごい、すごい」。こんな入りをしたことがない。それにしっかりついていく。ひときわ小さな身体が、ピョンピョンとリズム良くピッチを刻む。 800m通過は2分07秒。落ちない。粘る。優勝争い、メダル争いは一気に動く。そこにはつけない。「ラストはしんどすぎて意識が飛んでいた」。8番手を疾走。後ろから選手が迫るが、これまで培ってきた努力が、最後まで脚を動かした。 準決勝に続いて2度目の3分台となる3分59秒95。日本人女子が、これまで出たことがなかった1500mで8位入賞。信じられないことが起こった。日の丸が投げ込まれる。 「入賞で国旗を掲げるのは恐縮なんですが、1500mに日本で初めて出場できて新しいことができたので、そのご褒美で。そういう姿を見て喜んでいただけたらうれしいです」 誰も信じられないことだったが、田中は違った。「3分台はいつか出したいと思っていました」。ただ、「こんなに早く出ると思いませんでした」。 それだけのことができたのは、「オリンピックという舞台」の力が大きいという。 「決勝に残れることだけでもビックリしていましたが、最低限入賞できたことはよかったです。今までの常識を覆す、自分の中の常識も覆すことができました」 これだけのことをやってのけても、自分のことを客観的に見る。「4分を2回切れたのは価値があると思いますが、最後は粘ることができなかった。準決勝のほうが上がりは速かったと思います。あの入りを楽に行ければ勝負できると思います。最後まで追えるようなスタミナをつけたいです」。田中はどこまで見据えているのか。 「1500mは、今回決勝に進んだことが重荷になるかもしれません。予選、準決勝も針の穴に糸を通すような感じで通過しました。自分も、応援してくださる方も『次も』と思います。難しいことだと思いますが、次は優勝争いに絡めるように磨いていきたい」 小さい頃、徒競走に負けたあの日から「今日より明日、速くなりたい」と駆け抜けてきた。それを体現した21歳の夏。きっと明日、今日よりも田中は強く、速くなっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top