月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実1500m8位入賞の快挙!「今までの常識を覆せた」駆け抜けた真夏の4レース


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

田中希実(豊田自動織機TC)の大冒険は、最終章も衝撃だった。

5000m予選に始まって4レース目。田中にとって東京五輪、最後のレースがスタートした。居並ぶのは世界のトップランナーたち。1周目は62秒84。速い。心が躍った。

「すごい、すごい」。こんな入りをしたことがない。それにしっかりついていく。ひときわ小さな身体が、ピョンピョンとリズム良くピッチを刻む。

800m通過は2分07秒。落ちない。粘る。優勝争い、メダル争いは一気に動く。そこにはつけない。「ラストはしんどすぎて意識が飛んでいた」。8番手を疾走。後ろから選手が迫るが、これまで培ってきた努力が、最後まで脚を動かした。

準決勝に続いて2度目の3分台となる3分59秒95。日本人女子が、これまで出たことがなかった1500mで8位入賞。信じられないことが起こった。日の丸が投げ込まれる。

「入賞で国旗を掲げるのは恐縮なんですが、1500mに日本で初めて出場できて新しいことができたので、そのご褒美で。そういう姿を見て喜んでいただけたらうれしいです」

誰も信じられないことだったが、田中は違った。「3分台はいつか出したいと思っていました」。ただ、「こんなに早く出ると思いませんでした」。

それだけのことができたのは、「オリンピックという舞台」の力が大きいという。

「決勝に残れることだけでもビックリしていましたが、最低限入賞できたことはよかったです。今までの常識を覆す、自分の中の常識も覆すことができました」

これだけのことをやってのけても、自分のことを客観的に見る。「4分を2回切れたのは価値があると思いますが、最後は粘ることができなかった。準決勝のほうが上がりは速かったと思います。あの入りを楽に行ければ勝負できると思います。最後まで追えるようなスタミナをつけたいです」。田中はどこまで見据えているのか。

「1500mは、今回決勝に進んだことが重荷になるかもしれません。予選、準決勝も針の穴に糸を通すような感じで通過しました。自分も、応援してくださる方も『次も』と思います。難しいことだと思いますが、次は優勝争いに絡めるように磨いていきたい」

小さい頃、徒競走に負けたあの日から「今日より明日、速くなりたい」と駆け抜けてきた。それを体現した21歳の夏。きっと明日、今日よりも田中は強く、速くなっている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com