月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

キングはワーナー!十種競技五輪初の9000点超えで王座に君臨 七種はティアムが2人目の連覇


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技6、7日目にかけて行われた男子十種競技で、また新たな歴史が刻まれた。

2日間10種目を行って得点を競う十種競技。走跳投をこなす姿は「キング・オブ・アスリート」と呼ばれ尊敬される。

東京五輪のキングはカナダのD.ワーナー。9018点をマークしてこの種目同国初優勝。04年R.シェブルレと16年A.イートン(米国)が作った五輪記録8893点を上回るオリンピックレコード、五輪で初めて9000点を超え。史上4人目の9000点オーバーデカスリートとなった。

過酷な真夏の東京で2日間戦い抜きながら、各種目で衝撃的なパフォーマンスを繰り広げた。

ワーナーは1種目めから10秒12の五輪十種競技記録をマーク。続く走幅跳でも8m24の大ジャンプを見せた。2日目の110mハードルでも13秒46。いずれも単独種目世界大会で戦えるレベルだった。

前回リオ五輪は銅メダル。世界選手権では17年ロンドン5位、19位ドーハ3位と頂点に届いていなかったが、東京五輪で見事に王座に就いた。

また、女子七種競技では、N.ティアム(ベルギー)が6791点で、J.J.カーシー(米国)に続く史上2人目の連覇を達成した。

●ワーナーの種目別記録
9018点
100m10.12
走幅跳8.24
砲丸投14.80
走高跳2.02
400m47.48
110mH13.46
円盤投48.67
棒高跳4.90
やり投63.44
1500m4.31.08
●ティアムの種目別記録
6791点
100mH13.54
走高跳1.92
砲丸投14.82
200m24.90
走幅跳6.60
やり投54.68
800m2.15.98



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com