月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実が1500mで予選突破の快挙!4分02秒33の3度目日本新「目標通りのタイム」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技4日目

陸上競技4日目のモーニングセッションで女子1500m予選が行われ、日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機TC)が5000m(予選敗退)に続いて1500m予選3組に登場。4分02秒33の日本新記録を樹立して組み4着。各組6着までの予選通過ラインをクリアし、準決勝進出の快挙を成し遂げた。

田中は積極的に先頭集団を引く田中らしい走りを見せる。残り600m付近で3番手に下げたが、最後はペースアップに対応。自身が大会直前に出した4分04秒08の日本記録を2秒近く更新した。これで田中は3度目の日本新。

「日本記録を出せば準決勝に行けると思っていました。目標通りのタイムで準決勝に進めて良かった」と田中。ラスト勝負は「対応できたとはいえない」と言うも、「800mのように集団の仲でどれだけ対応できるかというレースをイメージしました。1500mにずっとこだわってきて、前を見据えてレースをできました。今までの取り組みがかたちになった」と胸を張った。

準決勝では「予選もチャレンジしたからこその結果。準決勝でも今の力を出し切って自己ベストを出す勢いでいきたい」と見据えていた。

1500mは卜部蘭(積水化学)とともに日本人初の五輪出場。

準決勝は8月4日の19時15分から、決勝は同日21時50分にスタートする。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com