月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

総合優勝は洛南&中京大中京!洛南は桐生祥秀が歴史作った地で躍動/福井IH


◇福井インターハイ(7月28日~8月1日/福井・福井県営陸上競技場)

コロナ禍で昨年史上初の延期となったインターハイが2年ぶりに開催された。今年の舞台は福井。競技場の愛称は「9.98スタジアム」だ。

学校対抗を制したのは、男子が洛南(京都)、女子は中京大中京(愛知)だった。

洛南は中止を挟んで2大会連続9度目の総合V。4×100mリレーで優勝し、三段跳では2年生の宮尾真仁がタイトルを手にした。そして存在感を発揮したのが佐藤圭汰(3年)。高校記録を持つ1500mで優勝、5000mも日本人トップの4位と好走した。短距離、中長距離、リレー、フィールドとまんべんなく得点を重ねた洛南。48点で2位の東海大翔洋に12点差をつけた。

中京大中京は2大会ぶり2度目の頂点。伝統のリレーが強さを見せ、4×100mリレー優勝、4×400mリレー2位。その中心選手である倉橋美穂(3年)が100m3位、200m6位、200mでは藏重みう(2年)が3位に入っている。さらに800mでは青山理奈(3年)が800m優勝と、さすがの“スピード”を見せ、44点を積み上げた。

2位には400m、400mハードル2冠のタネル舞璃乃(3年)らを擁する埼玉栄が続いた。

洛南の柴田博之先生は、「私が赴任した1986年から総合優勝を目指さなかった年はない」と語る。それほど、洛南にとって“総合優勝”への思いは強い。東京五輪代表のOB桐生祥秀(日本生命)、三浦龍司(順大)、丸尾知司(愛知製鋼)もインターハイを経験。昨年は中止になり柴田先生や当時の選手たちも大きな戸惑いを覚えた。「やはりインターハイは大切にしたい」と、2年ぶり開催への感謝とともに強い思いを秘めて臨んだ。

加えて、この福井インターハイは負けられない理由があった。

「『桐生が9秒台を出したメモリアルなスタジアムでウチが負けるわけにはいかな いやろ』と選手たちには伝えていました」

桐生祥秀が2017年に日本人初の9秒98をマークしたこの地で、再開されたインターハイの歴史で総合優勝を逃すわけにはいかなかった。そして、「去年の3年生にも経験させてあげたかった」と思いを馳せた。

「短距離も長距離もワンチーム。ともに戦っているんです」

柴田先生の言葉通り、高校生たちが仲間たちとともに戦う姿は、2年ぶりに開催されたインターハイの“意義”を改めて伝えていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com