月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳バルシム&タンベリがW金メダル!バルシム3度目五輪で悲願のV


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技3日目

陸上競技3日目のイブニングセッション、男子走高跳決勝が行われM.E.バルシム(カタール)とG.タンベリ(イタリア)が2m37の同記録で両者優勝。金メダルを分け合った。カタールの陸上競技の優勝は初。

バルシムは2m24から、タンベリは2m19から始め、2m24、27…と3cmずつ2m33まで1回で成功させる。続く2m35も1回出クリアし、2m37を成功させたのはバルシム、タンベリ、M.ネダセカウ(ベラルーシ)の3人。パスした選手も含めて2m39に6人が挑戦したがいずれも跳ぶことはできず。

無効試技数の差でネダセカウが3位。バルシムとタンベリが並び、ジャンプオフ(優勝決定戦)を両者ともに選択せず、2人の優勝が決まった。

4位には禹相赫(ウ・サンヒョク/韓国)が2m35のナショナルレコードで入った。戸邉直人(JAL)は2m24で13位に終わった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com