月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表の20kmWと400mHの海外男子2選手がドーピング違反で出場不可能


東京五輪の代表に選ばれている海外2選手がドーピング違反で出場できないことが判明した。いずれも2017年ロンドン世界選手権の入賞者。

男子20km競歩にエントリーしていた17年ロンドン世界選手権4位のL.シャンゲ(南アフリカ)は禁止物質のアナボリックステロイドトレンボロンの検出されたことで、2023年までの資格停止処分が確定。シャンゲは19年に4年間の資格停止処分が下されたものの、処分を不服とした訴えが認められ、東京五輪代表の出場権を手にしていた。しかし、スポーツ仲裁裁判所が処分は妥当とし、19年11月4日以降の記録を無効となり、4年間の出場資格を失った。

また、男子400mハードルのK.フッセイン(スイス)は7月の競技会後のドーピング検査で、興奮薬の一種であるニケタミドとその代謝物の陽性反応を示し、9ヵ月の資格停止処分が決まった。フセインはロンドン世界選手権で8位に入っている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com