HOME ニュース、海外

2021.07.26

東京五輪代表の20kmWと400mHの海外男子2選手がドーピング違反で出場不可能
東京五輪代表の20kmWと400mHの海外男子2選手がドーピング違反で出場不可能


東京五輪の代表に選ばれている海外2選手がドーピング違反で出場できないことが判明した。いずれも2017年ロンドン世界選手権の入賞者。

男子20km競歩にエントリーしていた17年ロンドン世界選手権4位のL.シャンゲ(南アフリカ)は禁止物質のアナボリックステロイドトレンボロンの検出されたことで、2023年までの資格停止処分が確定。シャンゲは19年に4年間の資格停止処分が下されたものの、処分を不服とした訴えが認められ、東京五輪代表の出場権を手にしていた。しかし、スポーツ仲裁裁判所が処分は妥当とし、19年11月4日以降の記録を無効となり、4年間の出場資格を失った。

また、男子400mハードルのK.フッセイン(スイス)は7月の競技会後のドーピング検査で、興奮薬の一種であるニケタミドとその代謝物の陽性反応を示し、9ヵ月の資格停止処分が決まった。フセインはロンドン世界選手権で8位に入っている。

東京五輪の代表に選ばれている海外2選手がドーピング違反で出場できないことが判明した。いずれも2017年ロンドン世界選手権の入賞者。 男子20km競歩にエントリーしていた17年ロンドン世界選手権4位のL.シャンゲ(南アフリカ)は禁止物質のアナボリックステロイドトレンボロンの検出されたことで、2023年までの資格停止処分が確定。シャンゲは19年に4年間の資格停止処分が下されたものの、処分を不服とした訴えが認められ、東京五輪代表の出場権を手にしていた。しかし、スポーツ仲裁裁判所が処分は妥当とし、19年11月4日以降の記録を無効となり、4年間の出場資格を失った。 また、男子400mハードルのK.フッセイン(スイス)は7月の競技会後のドーピング検査で、興奮薬の一種であるニケタミドとその代謝物の陽性反応を示し、9ヵ月の資格停止処分が決まった。フセインはロンドン世界選手権で8位に入っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top