月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ベルリン世界選手権代表・新宮美歩が現役生活に一区切り、京都府選手権でラストラン


ベルリン世界選手権女子4×400mR代表の新宮美歩(フレスコ)が、自身のブログで現役生活に区切りをつけることを明らかにした。7月17~18日の京都選手権で200m、400mに出場し、初日の400mは予選で59秒08の6着、2日目の200mは予選で25秒50(+0.9)の3着。いずれも決勝には進めず、200mが現役最後のレースとなった。ブログでは両親への感謝、支えてくれた人たち、応援してくれた人たちへの感謝の言葉を綴っている。

1991年11月29日生まれ、29歳。広島・五日市中から東大阪大敬愛高へ進学し、「敬愛旋風」初期の中心選手として活躍した。特に3年だった2009年に大ブレイクし、高校生ながらベルリン世界選手権女子4×400mリレー代表に選出(本番は不出場)。400mでインターハイ、国体、日本ジュニア選手権の高校3冠を獲得したほか、同年の東アジア大会では400mで銅メダルを手にしている。

東大阪大2年だった2011年には、兵庫県神戸市で開催されたアジア選手権に出場し、400m5位、4×400mリレーは金メダルに輝いた。その後も400m、800mを中心に福島大院、東邦銀行、現所属のフレスコで競技を続けた。近年は自ら陸上教室を主催するなど、陸上競技の普及にも積極的に取り組んでいる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com