月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mでブロメルが9秒98、東京五輪へ勢いづける快勝/DLゲーツヘッド


ダイヤモンドリーグ第7戦が7月13日、英国・ゲーツヘッドで開催され、男子100mでT.ブロメル(米国)が9秒98(+0.4)で2位に0.12秒差をつけて優勝した。ブロメルは今季、世界歴代7位の9秒77を出しており、16年リオ五輪に続く2度目の五輪となる東京五輪に向けて弾みをつけた。

女子400mハードルはF.ボル(オランダ)が53秒24で勝利。ボルはこの種目では今季無敗の6連勝となった。

女子200mではリオ五輪100m、200m2冠のE.トンプソン(ジャマイカ)が22秒43(+0.2)でV。この種目には地元・英国のD.アッシャー・スミスが出場予定だったが、ハムストリングスの違和感を理由に棄権した。

男子3000mでは23歳のM.カテイル(スペイン)が7分27秒64の自己新で優勝。ラスト1本で勝敗を決する「ファイナルスリー方式」が採用された男子やり投は、17年ロンドン世界選手権金メダルのJ.フェッター(ドイツ)が85m25で快勝した。

東京五輪前のダイヤモンドリーグはこの大会が最後。次戦は8月21日、米オレゴン州のユージンで開催される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com