月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男女1500mでケニア勢が歴代上位の好記録!チェルイヨットが3分28秒28、キピエゴンが3分51秒07/DLモナコ

7月9日、ダイヤモンドリーグ第6戦がモナコで開催され、女子1500mでは2016年リオ五輪金メダルのF.キピエゴン(ケニア)が3分51秒07の自己新、今季世界最高で優勝した。この記録は世界歴代4位にあたり、H.オビリが14年に出したケニア記録を7年ぶりに5.98秒更新した。

男子1500mではT.チェルイヨット(ケニア)が3分28秒28の自己新、今季世界最高で優勝。チェルイヨットは国内選考の結果により、東京五輪代表には選ばれていない。2位のM.カティル(スペイン)は3分28秒76でナショナルレコードを樹立。3分29秒51で4位だったS.マックスウィーニー(豪州)も自己新で、オセアニアのエリアレコードを更新した。

7月1日のDLオスロで世界記録(46秒70)を樹立した男子400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)は47秒08の大会新記録で快勝。男子100mはB.ルーニー(米国)が9秒91(+0.3)でV。A.シンビネ(南アフリカ)が9秒98で2位だった。

フィールド競技ではラスト1本で勝敗を決する「ファイナルスリー方式」が採用され、いくつかの種目では最終試技で順位が変動した。女子三段跳では19年ドーハ世界選手権金メダルのY.ロジャース(ベネズエラ)が2本目に15m12を跳び、この日の最高記録をマークしたが、6本目に記録を残せず、14m29を跳んだS.リケッツ(ジャマイカ)に敗れた(リケッツのこの日の最高記録は14m75)。女子やり投では63m08のシーズンベストを6投目に投げたB.シュポタコバ(チェコ)が優勝。M.アンドレイチェクは63m63を投げていたが、6本目の記録(58m01)により2位となった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com