月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mHの新星!法大・黒川和樹「東京五輪準決勝で日本新出したい」初国際大会で為末超え視野


男子400mハードルで東京五輪代表に内定している黒川和樹(法大)が、代表内定を受けて練習を公開し、取材に応じた。

山口・田部高から法大に進学し2年目の黒川。昨年の日本インカレではU20日本歴代3位となる49秒19をマークして2位に入り、一躍脚光を浴びた。その勢いのまま、今シーズンは5月のREADY STEADY TOKYOで48秒68(日本歴代10位タイ)で優勝して東京五輪の参加標準記録を突破。6月の日本選手権で初優勝してオリンピック代表に内定した。黒川にとって初の国際大会が東京五輪となる。

「日本選手権で優勝した直後は実感がなかったのですが、いろいろな人からメッセージをもらって、オリンピックが決まったんだ、という感じです」と黒川。日本選手権では5台目までの通過タイムが、大学の先輩でもある為末大が日本記録47秒89をマークした時と同じくらいで通過したといい、「練習から日本記録ペースを意識しています」と言う。日本記録については「自分では出ると思っているのですが、後半が噛み合わない。まだ走力が足りません」と課題を挙げる。

黒川にとってオリンピックとは「開会式のイメージしかないです」と笑う。日本インカレで「もしかしたら」と頭をよぎり、参加標準記録を突破して「行ける」と本格的に意識した。

高校時代に初めて黒川の走りを見た時、苅部俊二監督は「原石を見つけた。これを代表選手に育てないと責任問題だと思いました」と語る。それでも「東京五輪に間に合うとは」とその成長曲線に舌を巻く。

初のオリンピックで目指すのは「準決勝で日本記録を出してファイナルに行く」こと。「スタート前までガチガチになるかもしれませんが、それまでは楽しみたい」と初々しく話す黒川。だが、その潜在能力と可能性を考えれば、世界選手権初ファイナリストとなった山崎一彦(現・順大監督)や同メダリストの為末ら、錚々たる日本ヨンパー陣がなしえなかった、「オリンピックのファイナル」も夢ではない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com