月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪リレー代表 兒玉芽生が会見「日本記録更新に向けてチーム一丸で頑張りたい」


女子4×100mリレーの一員として東京五輪代表に内定した兒玉芽生(福岡大)が、五輪代表内定を受けて7月2日大学構内で会見を行った。

「東京五輪が決まってからずっと出場することを目標にしていました」と兒玉。大分出身の兒玉は、全国小学生、ジュニア五輪、インターハイなど、各カテゴリーで日本一のタイトルを獲得してきた。一昨年は200mで日本選手権初優勝、昨年は100mで日本選手権を制した。自己記録も100m11秒35(日本歴代3位)、200m23秒44(日本歴代7位)をマーク。今シーズンは5月の世界リレー女子4×100mリレーで2走を務めて東京五輪の出場権獲得に貢献。日本選手権では100mと200mの2冠に輝いた。

「日本選手権後も選ばれるかどうかドキドキしていましたので、選ばれて本当にうれしいです」と話し、東京五輪に向けて、「日本記録(43秒39)の更新に向けてチーム一丸となって頑張りたいです」と抱負を述べた。女子短距離界のエースとして「オリンピックに出場するだけでなく、その後も女子短距離界を引っ張っていく存在になれるように」と力強く語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com