月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子400mHでマクラフリンが世界新! 史上初の51秒台となる51秒90 男子200mはライルズがV 17歳のナイトンも五輪代表に/全米五輪選考会


◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)
東京五輪代表選考会となる全米五輪選考会の最終日が27日に行われ、女子400mハードルでS.マクラフリンが史上初の51秒台となる51秒90の世界記録を樹立して優勝を飾った。

19年ドーハ世界選手権では同じく米国のD.ムハンマドが52秒16の世界記録で金メダル。マクラフリンは歴代2位の52秒23で銀メダルを獲得していた。東京五輪の前哨戦とも言えるレースで再び2人が激突し、マクラフリンがムハンマドの記録の0秒26も塗り替えて全米初制覇。ムハンマドは52秒42で2位に敗れた。

男子200mでは19年世界選手権王者のN.ライルズが19秒74(+0.3)で優勝。K.ベナドレクが自己新の19秒78で2位。前日の準決勝でウサイン・ボルトの持つU20記録(19秒93)を破る19秒88をマークし、注目を集めていた17歳のE.ナイトンは19秒84とさらに記録を更新。3位で東京五輪への出場権を手にした。

また、女子800mではA.ムーが今季世界最高、北米U20新の1分56秒07で快勝。男子走幅跳ではJ.ハリソンが自己記録を3cm更新する8m47(-0.2)で優勝を果たした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com