月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青森に新星現る!田名部高・佐賀陽が追い風参考ながら10秒17をマーク/IH東北大会


◇インターハイ東北大会(6月19日~22日/岩手県北上市)

夏のインターハイを懸けた地区予選となる東北大会が6月19日から4日間にわたって開催されている。大会2日目の20日に行われた男子100mで快記録が誕生した。

青森・田名部高3年の佐賀陽が準決勝で今季高校最高となる10秒36(+0.3)をマークすると、決勝では4.2mの追い風参考記録ながら10秒17をマークして優勝を飾った。「今大会は10秒50を切ることが目標だった」と佐賀。この記録に「自分でもまったく予想していなかったタイムが出てうれしかったですし、驚いています」とビックリの様子だった。100mで10秒20を切った高校生(※電動計時)は、1987年の国体を制した大沢知宏(松山高・埼玉、後にソウル五輪代表)、高校記録10秒01を持つ桐生祥秀(洛南高・京都、現・日本生命)、19年インターハイで10秒19(優勝の鵜澤飛羽(築館高・宮城、現・筑波大)という錚々たる顔ぶれが並ぶ。

風間浦中時代は全中やジュニア五輪など出場経験を持つが入賞歴はなしの佐賀。ベストは11秒06だった。1年時には国体少年Bに出場して準決勝進出。昨年は10秒69までタイムを短縮していた。100mについては「インターハイで決勝に残りたいです」とさわやかに目標を語った佐賀。3日目に200mにも出場を予定している。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは7月28日から8月1日まで福井県で開催される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com