月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mアジア記録保持者の蘇炳添が9秒98で優勝 /中国全国選手権

中国・浙江省紹興市で6月11日、中国全国陸上競技選手権が開幕し、男子100mでは9秒91のアジア記録を持つ蘇炳添が9秒98(+0.8)で優勝を飾った。

2019年以降は度重なるケガもあり、20年はレースから離れていた蘇は21年室内シーズンから本格的に復帰。4月には向かい風の中で9秒98(-0.9)をマークするなど調子を上げていた。
この日は予選を10秒13で通過。決勝でもスタートからリードを奪うと、9秒97のベストを持つ謝震業を寄せ付けず、自身7度目となる9秒台でフィニッシュラインを駆け抜けた。謝は10秒15で2位。

蘇はレース後のインタビューで「記録をさらに縮めるには、今以上にトップスピードを高めることは難しく、トップスピードを維持することが重要」とコメント。好記録が相次ぐ日本男子短距離勢についての質問にも答え、「中国と日本はとても激しい競争をしている。個々の力では私と謝のほうがわずかに優れているかもしれないが、日本勢は五輪参加標準記録(10秒05)を5人が突破。10秒0~1台の選手が10人ほどおり、中国は差をつけられている」と話した。また、東京五輪の目標についても語り、「前回のリオ五輪では4×100mリレーで4位に甘んじた。東京では3位以内を目指している」と意気込んだ。

この他、男子三段跳では朱亜明が今季世界3位となる17m39(+0.3)で優勝を果たした。

東京五輪の選考会を兼ねた大会は13日まで行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com