月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝が初の五輪へ盤石!日本選手権前にサードベストの8m23/デンカチャレンジ

◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジ、男子走幅跳はドーハ世界選手権代表の橋岡優輝(富士通)が圧倒的な強さを見せた。

昨年の日本インカレで8m19を跳んでいる相性のいい新潟。橋岡は1回目から向かい風0.2mのなかで8m19を跳んで地元・新潟の観客を沸かせた。さらに2回目に自己3番目となる8m23(+1.3)。すでにクリアしている東京五輪参加標準記録の8m22を再び超えた。3回目と6回目をパス、4、5回目はファウルで記録は伸ばせなかったが、ただ1人8mを超え、ファウルも日本記録を示すマークまで跳ぶなど他を圧倒。

「最近はファウルをしすぎていたので、感覚を取り戻すという狙いで、戻ってきたなと思います。中間マークで踏み込んだ分だけファウルした。プラスに捉えられるファウル」と手応えをつかんだ。パスもあったことについては「日本選手権に向けて芯のほうまで残さないように」。記録面でも「東京五輪の標準をまた跳べたのでよかった」と充実の表情を浮かべる。

昨年は脚の痛みで日本選手権を欠場。17年からの連覇が3でストップした。「日本選手権は優勝してオリンピックの代表を勝ち取れるように。オリンピックに向けて弾みをつけられるようにこれから調整していきます」。日本記録の更新、そして初のオリンピックへ、橋岡がいよいよ助走態勢に入った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com