HOME ニュース、国内

2019.05.15

ゴールデングランプリ大阪リレーのエントリーが決定! 男子四継は日本、アメリカなどと激突
ゴールデングランプリ大阪リレーのエントリーが決定! 男子四継は日本、アメリカなどと激突

世界リレーでは悔しいバトンミスで失格となった男子四継メンバー

【ニュース】

ゴールデングランプリ大阪
リレーのエントリーが決定! 男子四継は日本、アメリカなどと激突

世界リレーでは悔しいバトンミスで失格となった男子四継メンバー

日本陸連は、5月19日に大阪・ヤンマースタジアム長居で開催されるセイコーゴールデングランプリ大阪の、リレー種目のエントリーを発表した。

男子4×100mリレーは、日本の他に、ジャスティン・ガトリン擁するアメリカ、台湾、インドネシアらが出場。また、若手で構成されるU20日本代表や大東大も同レースに出場する。

女子の4×100mリレーと4×400mリレーは日本、韓国、U20日本代表の3チームで行われる。

世界リレーの女子4×100mリレーでバトンをつなぐ土井杏南と山田美来

女子4×400mリレーは世界リレーでB決勝まで進出した

世界リレーで無念のバトンパスミスでの失格があった日本男子四継は挽回の走りを見せられるか。ドーハ世界選手権は、世界リレーで決定した10ヵ国のほか、記録の上位ランキング6ヵ国が出場できるため、世界選手権出場権獲得に向けて大事な一戦となる。また、女子の2種目も世界リレーでは、あとわずかで世界選手権出場を逃しており、再び世界切符への挑戦となる。

日本代表選手は以下の通り

●男子4×100mリレー
山縣亮太(セイコー)
桐生祥秀(日本生命)
ケンブリッジ飛鳥(Nike)
小池祐貴(ANA)
多田修平(住友電工)
飯塚翔太(ミズノ)
藤光謙司(ゼンリン)
山下 潤(筑波大)
染谷佳大(中大)
原 翔太(スズキ浜松AC)

●女子4×100mリレー
土井杏南(JAL)
山田美来(日体大)
壹岐いちこ(立命大)
三宅菜緒香(住友電工)
世古 和(CRANE)

●女子4×400mリレー
青山聖佳(大阪成蹊AC)
武石この実(東邦銀行)
松本奈菜子(東邦銀行)
岩田優奈(中大)
稲岡真由(RUN JOURNY)

U20代表には、山路康太郎(法大)、三浦由奈(柴田高)、大西愛永(東大阪大)らが選ばれた。

【ニュース】 ゴールデングランプリ大阪 リレーのエントリーが決定! 男子四継は日本、アメリカなどと激突 [caption id="attachment_3462" align="aligncenter" width="400"] 世界リレーでは悔しいバトンミスで失格となった男子四継メンバー[/caption] 日本陸連は、5月19日に大阪・ヤンマースタジアム長居で開催されるセイコーゴールデングランプリ大阪の、リレー種目のエントリーを発表した。 男子4×100mリレーは、日本の他に、ジャスティン・ガトリン擁するアメリカ、台湾、インドネシアらが出場。また、若手で構成されるU20日本代表や大東大も同レースに出場する。 女子の4×100mリレーと4×400mリレーは日本、韓国、U20日本代表の3チームで行われる。 [caption id="attachment_3461" align="aligncenter" width="400"] 世界リレーの女子4×100mリレーでバトンをつなぐ土井杏南と山田美来[/caption] [caption id="attachment_3463" align="aligncenter" width="400"] 女子4×400mリレーは世界リレーでB決勝まで進出した[/caption] 世界リレーで無念のバトンパスミスでの失格があった日本男子四継は挽回の走りを見せられるか。ドーハ世界選手権は、世界リレーで決定した10ヵ国のほか、記録の上位ランキング6ヵ国が出場できるため、世界選手権出場権獲得に向けて大事な一戦となる。また、女子の2種目も世界リレーでは、あとわずかで世界選手権出場を逃しており、再び世界切符への挑戦となる。 日本代表選手は以下の通り ●男子4×100mリレー 山縣亮太(セイコー) 桐生祥秀(日本生命) ケンブリッジ飛鳥(Nike) 小池祐貴(ANA) 多田修平(住友電工) 飯塚翔太(ミズノ) 藤光謙司(ゼンリン) 山下 潤(筑波大) 染谷佳大(中大) 原 翔太(スズキ浜松AC) ●女子4×100mリレー 土井杏南(JAL) 山田美来(日体大) 壹岐いちこ(立命大) 三宅菜緒香(住友電工) 世古 和(CRANE) ●女子4×400mリレー 青山聖佳(大阪成蹊AC) 武石この実(東邦銀行) 松本奈菜子(東邦銀行) 岩田優奈(中大) 稲岡真由(RUN JOURNY) U20代表には、山路康太郎(法大)、三浦由奈(柴田高)、大西愛永(東大阪大)らが選ばれた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top