月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子走幅跳ギリシャの23歳テントグルーが今季世界最高の8m60


5月26日、ギリシャ南部のカリテアで行われた競技会で男子走幅跳のM.テントグルー(ギリシャ)が8m60(+0.7)の今季世界最高、世界歴代16位の好記録をマークした。

2018年の欧州選手権チャンピオンのテントグルーは1998年生まれの23歳。19年のドーハ世界選手権は10位に沈んだが、今年2月の欧州室内選手権では8m35で優勝を飾っている。屋外ベストは19年のU23欧州欧州選手権で出した8m32だった。

テントグルーは冬季に左膝を痛めた影響もあり、「技術面よりもスピードを強化してきた」とコメント。30日にはハニアで行われるVenizelia競技会(コンチネンタルツアー・ブロンズ大会)に出場予定で、07年にL.ツァトゥーマスが樹立したギリシャ記録(8m66)の更新を目指すという。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com