HOME ニュース、国内

2021.05.28

等々力競技場が球技専用に 陸上競技場は補助競技場を改修し1種から2種へ
等々力競技場が球技専用に 陸上競技場は補助競技場を改修し1種から2種へ


川崎市は5月27日、「等々力緑地再編整備実施計画改定骨子(案)」を更新した。それによると、等々力競技場をサッカーなど球技専用のスタジアムに改築することなどが明らかになった。

等々力競技場はサッカーJ1の川崎フロンターレの本拠地。今回の再編整備により陸上トラック部分などにスタンドを増設し、球技専用として収容人数を約3万5000人に増やすという。

広告の下にコンテンツが続きます

陸上ではこれまで、2011、12、15~17年のゴールデングランプリ陸上といった国際大会をはじめ、インターハイ県大会などが開催されてきた。2018年には学生日本一を決める日本インカレも行われている。今回の改修案によると、補助競技場を新たに5000人収容の陸上競技場に整備されるがサブトラックは常設なし。これまでの「第1種公認」から「第2種公認」となる見込みで国際大会など大規模競技会は開けなくなる。

今回の再編整備に際し、利用者団体への意見聴取を行い、川崎市陸上競技協会から「サッカー等の専用的施設と陸上競技場を分離する」との要望が提出されている。再編に当たっては第1種公認を継続することも前提条件として検討されてきたが、Jリーグとの競合等により日程調整が困難であることや第1種公認競技場の新設による整備費や維持費、利用者からの要望も踏まえて今回の改定案に至った。なお、公認2種では関東選手権や既存の各カテゴリーの県大会など開催は可能。

現時点で完成時期は未定で、再編整備実施計画案について川崎市は6月に市民の意見を募集。その後、2022年度をめどに計画を改定し、2023年度以降に推進していく予定だという。

※一部、記事を加筆いたしました。

広告の下にコンテンツが続きます
川崎市は5月27日、「等々力緑地再編整備実施計画改定骨子(案)」を更新した。それによると、等々力競技場をサッカーなど球技専用のスタジアムに改築することなどが明らかになった。 等々力競技場はサッカーJ1の川崎フロンターレの本拠地。今回の再編整備により陸上トラック部分などにスタンドを増設し、球技専用として収容人数を約3万5000人に増やすという。 陸上ではこれまで、2011、12、15~17年のゴールデングランプリ陸上といった国際大会をはじめ、インターハイ県大会などが開催されてきた。2018年には学生日本一を決める日本インカレも行われている。今回の改修案によると、補助競技場を新たに5000人収容の陸上競技場に整備されるがサブトラックは常設なし。これまでの「第1種公認」から「第2種公認」となる見込みで国際大会など大規模競技会は開けなくなる。 今回の再編整備に際し、利用者団体への意見聴取を行い、川崎市陸上競技協会から「サッカー等の専用的施設と陸上競技場を分離する」との要望が提出されている。再編に当たっては第1種公認を継続することも前提条件として検討されてきたが、Jリーグとの競合等により日程調整が困難であることや第1種公認競技場の新設による整備費や維持費、利用者からの要望も踏まえて今回の改定案に至った。なお、公認2種では関東選手権や既存の各カテゴリーの県大会など開催は可能。 現時点で完成時期は未定で、再編整備実施計画案について川崎市は6月に市民の意見を募集。その後、2022年度をめどに計画を改定し、2023年度以降に推進していく予定だという。 ※一部、記事を加筆いたしました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top