月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山﨑有紀が女子七種競技で5975点!! 17年ぶりの日本新記録!


5月22日、23日に行われた九州共立大学チャレンジ競技会女子七種競技で、山﨑有紀(スズキ)が5975点の日本新記録を打ち立てた。従来の記録は中田有紀(さかえクリニックTC)が2004年にマークした5962点。

内訳は100mHが14秒00(+1.5)→978点、走高跳1m65→795点、砲丸投12m39→687点、200m24秒63(+2.0)→921点、走幅跳6m01(-1.3)→853点、やり投48m62→833点、800m2分13秒95→908点

山﨑のこれまでの自己ベストは2018年ジャカルタ・アジア大会でマークした5873点だった。

※記事に一部誤りがあり、修正しました。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com