月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子3000m障害は1部、2部ともに好レース! 早大・菖蒲敦司と中央学大・吉田光汰がそれぞれ自己ベストで完勝/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

男子1部と2部それぞれの3000m障害はそろって好レースとなった。

日本記録保持者・三浦龍司(順大)が不在だった1部3000m障害は、三浦の高校・大学の後輩になる服部壮馬(順大)が大胆な飛び出しを見せる。独走で1000mを2分52秒、2000mを5分53秒で通過。一時は後続に40~50mのリードを奪った。

2位集団は残り3周でルーキーに8秒差をつけられるも、「焦らず、残り1000m付近から上げていければ追いつける」と考えていた菖蒲敦司(早大)が残り700mでスパート。追い風になるバックストレートで服部に並ぶと、一気に突き離した。菖蒲が自己ベストとなる8分45秒95で優勝。服部も大幅ベストの8分48秒85で2位を確保して、安達京摩(国士大)が8分51秒26で3位に入った。

「三浦が出ていないので優勝は絶対にしないといけないと思っていました。まずは勝てて安心しましたね」と菖蒲。同学年の三浦には1500mで完敗して2位に終わったが、3000m障害の優勝と合わせて15点をゲットした。「1500mや3000m障害は関東インカレで終了だと思うので、ここで身に着けたスピードを5000mと10000m。それから『3冠』という目標のある学生駅伝に生かしていきた」と意気込んでいた。

2部3000m障害は前回王者で今季8分40秒38をマークしている小原響(青学大)が引っ張り、1000mは2分55秒。その後はペースダウンするが、残り3周で吉田光汰(中央学大)がペースを上げて、後輩の上野航平とともに抜け出した。最後の直線で西方大珠(神奈川大)が猛追するも、吉田が8分46秒55で優勝。西方が8分47秒18、上野が8分48秒30、麓逸希(東京国際大)が8分49秒39と上位4人が自己ベストをマークした。

「2年前に勝っているので、優勝しか狙っていませんでした。今季は強い1年生が入学したので、下からの追い上げで自分らもやらなきゃいけないという気持ちになっています。6月の全日本予選会に向けてチームに勢いづけられる走りができたかなと思います」(吉田)

中央学大は昨年の箱根駅伝予選会で敗退して、連続出場が「18」で途絶えた。今季は川崎勇二監督の提案でユニフォームをリニューアル。公式戦デビューとなる関東インカレではフラッシュイエローのシャツに黒のパンツというスタイルが存在感を発揮した。

文/酒井政人

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com