月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀が新ユニフォーム着用「機能も進化」織田記念に向け意気込み


アシックス提供

4月14日、アシックス社から東京五輪で選手たちが着用する新ユニフォームが発表。その後、オンラインで男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が報道陣の取材に応じた。

桐生はすでに公式写真撮影のためユニフォームを着用済み。「機能も進化していて、デザインも変わっている。撮影が楽しかったです」と感想を述べた。

100日後に迫った東京五輪について聞かれた桐生は「まだシーズンインしていないので、織田記念に意識があります。織田記念が終わったら日本選手権や東京五輪に意識が向く」と語り、今季の屋外初戦となる4月29日の織田記念に集中。3月の室内大会で左膝裏に違和感があったが、MRIでは異常なしで、「順調に練習ができています」。冬場はソリ引きなど高負荷の練習を例年以上に行い、「前半から中盤の加速を意識して取り組んできた」と言う。織田記念では「そこを確認するためにしっかり集中したい」と意気込みを語った。

新ユニフォームは暑熱対策や軽量化、動作に負荷がかからない構造を徹底して研究して製作されている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com