月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

村澤明伸、戸田雅稀、川端千都の3選手がSGホールディングスに加入


チーム提供写真

SGホールディングスは、4月1日付で村澤明伸、戸田雅稀、川端千都の3選手が加入すると発表した。

佐久長聖高、東海大卒の村澤は3月いっぱいで活動休止を発表した日清食品グループを退部。2017年に北海道マラソン優勝を果たし、2019年には東京五輪マラソン代表選考のグランドチャンピオンシップにも出場している。

戸田は2016、19年に1500mで日本選手権優勝。東農大二高、東農大を卒業し、日清食品グループへ加入し、2020年度までサンベルクスに所属していた。川端はコニカミノルタから移籍。京都・綾部高、東海大卒で、昨年は東日本実業団対抗駅伝6区3位だった。

チームは「ニューイヤー駅伝入賞と日本代表選手の輩出をチーム目標に掲げ、選手の育成に力を注いでいます。このたびの3選手の加入によって戦力をさらに増強するとともに、引き続き上記の目標達成に向けてチーム一丸となって取り組んでまいります」を発表している。SGホールディングスは今年の全日本実業団対抗駅伝で10位。昨年10月には村澤と同じ日清食品グループから、ロンドン五輪代表の佐藤悠基が加入している。

以下、3選手のコメント
村澤
「SGホールディングス陸上部に入部致しました村澤明伸です。今、競技を継続できることに感謝の気持ちを忘れずに、自分自身の目標に向かって挑戦し続けています。新たなチーム、ユニフォームで自分らしい走りを見せて行きたいです。これからも宜しくお願いいたします」
戸田
「実績の多い選手の皆さん、尊敬する佐藤悠基選手、村澤明伸選手とまた競技ができることを光栄に思います。SGホールディングスのユニフォームを着て全種目に於いて自己記録更新を目指します。新たなる環境で競技を続けさせていただけることに感謝を忘れず、結果で恩返しができるよう頑張ります」
川端
「私の地元である京都のチームで走れる喜びと熱い思いで、ニューイヤー駅伝優勝に貢献できるよう頑張ります。また個人としても『マラソンでオリンピック出場』という目標を掲げていますので、その目標に向かって全力で駆け抜けて行きます」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com