月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

石原翔太郎が3000mでU20日本歴代3位の7分58秒26/東海大長距離競技会


東海大長距離競技会が3月28日に行われ、男子3000mで石原翔太郎(東海大)がU20日本歴代3位の7分58秒26をマークした。

東海大1年の石原は2002年1月4日生まれで、今年いっぱいU20の有資格者。岡山・倉敷高時代は2年時に全国高校駅伝優勝に貢献し、3年時は1区5位の成績を残した。今年の箱根駅伝では3区で区間賞を獲得している。自己ベストは5000m13分51秒03(20年)、10000m28分44秒05(21年)。

■男子3000m U20日本歴代5傑
7.54.79 遠藤 日向(住友電工) 2017. 7. 9
7.57.58 大野 龍二(旭化成) 2004. 6.26
7.58.26 石原翔太郎(東海大1+) 2021. 3.28
8.00.09 佐藤 圭汰(洛南高2+京都) 2021. 1.15
8.04.99 大森龍之介(佐野日大高3栃木) 2016. 9.17



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com