月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

横浜DeNA「DeNAアスレティックスエリート」に名称変更 所属は館澤亨次のみ


株式会社ディー・エヌ・エーは3月22日、横浜DeNAランニングクラブの名称変更と新体制を発表した。横浜DeNAランニングクラブは2020年度で廃止をすでに発表しており、2021年度より「DeNAアスレティックスエリート」として新体制でスタート。昨年の日本選手権1500mを制した館澤亨次のみ所属契約を継続した。

今後は「世界大会での活躍を目指して活動する選手をサポートすると同時に、新たに掲げるミッションの実現に向けて陸上・ランニングを通じた社会活動を選手とともに展開してまいります」としている。館澤は「競技に真摯に向き合っていくことはもちろんですが、競技の外でも陸上・ランニングの面白さを伝えていく活動をDeNAとともに取り組んでいきたい」とコメントを寄せている。

横浜DeNAは2013年に創設し、同年に廃止となった名門・エスビー食品のスタッフと選手を受け入れるような体制でスタート。2014年に全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場、16年に5位に入った。その後、18年10月に駅伝からの撤退を発表。昨年10月には2020年度で同ランニングクラブを廃止すると決定し、12月には湊谷春紀、鬼塚翔太、松尾淳之介の3選手と、国近友昭監督、阿部俊介コーチの計5名が4月1日付でNTT西日本へ移籍することが発表されていた。

なお、永井秀篤は3月31日付で競技引退も合わせて発表された。瀬古利彦氏はアドバイザーとして引き続き契約。「これまでの枠組みにとらわれることなく柔軟な視点で新たなランニングシーンを創り出す、そんなDeNAアスレティックスエリートのチャレンジが、陸上界全体の盛り上がりにつながると思っています」とコメントしている。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com