HOME ニュース、国内

2021.03.22

横浜DeNA「DeNAアスレティックスエリート」に名称変更 所属は館澤亨次のみ
横浜DeNA「DeNAアスレティックスエリート」に名称変更 所属は館澤亨次のみ


株式会社ディー・エヌ・エーは3月22日、横浜DeNAランニングクラブの名称変更と新体制を発表した。横浜DeNAランニングクラブは2020年度で廃止をすでに発表しており、2021年度より「DeNAアスレティックスエリート」として新体制でスタート。昨年の日本選手権1500mを制した館澤亨次のみ所属契約を継続した。

今後は「世界大会での活躍を目指して活動する選手をサポートすると同時に、新たに掲げるミッションの実現に向けて陸上・ランニングを通じた社会活動を選手とともに展開してまいります」としている。館澤は「競技に真摯に向き合っていくことはもちろんですが、競技の外でも陸上・ランニングの面白さを伝えていく活動をDeNAとともに取り組んでいきたい」とコメントを寄せている。

広告の下にコンテンツが続きます

横浜DeNAは2013年に創設し、同年に廃止となった名門・エスビー食品のスタッフと選手を受け入れるような体制でスタート。2014年に全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場、16年に5位に入った。その後、18年10月に駅伝からの撤退を発表。昨年10月には2020年度で同ランニングクラブを廃止すると決定し、12月には湊谷春紀、鬼塚翔太、松尾淳之介の3選手と、国近友昭監督、阿部俊介コーチの計5名が4月1日付でNTT西日本へ移籍することが発表されていた。

なお、永井秀篤は3月31日付で競技引退も合わせて発表された。瀬古利彦氏はアドバイザーとして引き続き契約。「これまでの枠組みにとらわれることなく柔軟な視点で新たなランニングシーンを創り出す、そんなDeNAアスレティックスエリートのチャレンジが、陸上界全体の盛り上がりにつながると思っています」とコメントしている。

株式会社ディー・エヌ・エーは3月22日、横浜DeNAランニングクラブの名称変更と新体制を発表した。横浜DeNAランニングクラブは2020年度で廃止をすでに発表しており、2021年度より「DeNAアスレティックスエリート」として新体制でスタート。昨年の日本選手権1500mを制した館澤亨次のみ所属契約を継続した。 今後は「世界大会での活躍を目指して活動する選手をサポートすると同時に、新たに掲げるミッションの実現に向けて陸上・ランニングを通じた社会活動を選手とともに展開してまいります」としている。館澤は「競技に真摯に向き合っていくことはもちろんですが、競技の外でも陸上・ランニングの面白さを伝えていく活動をDeNAとともに取り組んでいきたい」とコメントを寄せている。 横浜DeNAは2013年に創設し、同年に廃止となった名門・エスビー食品のスタッフと選手を受け入れるような体制でスタート。2014年に全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場、16年に5位に入った。その後、18年10月に駅伝からの撤退を発表。昨年10月には2020年度で同ランニングクラブを廃止すると決定し、12月には湊谷春紀、鬼塚翔太、松尾淳之介の3選手と、国近友昭監督、阿部俊介コーチの計5名が4月1日付でNTT西日本へ移籍することが発表されていた。 なお、永井秀篤は3月31日付で競技引退も合わせて発表された。瀬古利彦氏はアドバイザーとして引き続き契約。「これまでの枠組みにとらわれることなく柔軟な視点で新たなランニングシーンを創り出す、そんなDeNAアスレティックスエリートのチャレンジが、陸上界全体の盛り上がりにつながると思っています」とコメントしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top