月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

北京五輪代表・塚原直貴&醍醐直幸が東海大コーチングスタッフに!


東海大陸上競技部のコーチングスタッフに新年度から、2008年の北京五輪に出場したOB2人が加わることがわかった。男子100mで準決勝まで進出し、4×100mリレーでは1走として銅メダル(のちに銀メダルへ繰り上げ)獲得に貢献した塚原直貴氏(35歳)は、東海大研究生になって短距離コーチに。男子走高跳で代表になった醍醐直幸氏(40歳)は東海大の非常勤講師として勤務しながら、3月末で退職する植田恭史部長の後を継いで跳躍コーチを務める。2021年度は高野進監督が部長兼任の新体制でスタートするという。

2月末に富士通を退社していた塚原氏は、恩師の高野研究室で学びながら、自身が在籍していた2000年前後の、短距離ブロックが華やかだった時代の復活を目指す。2006年に走高跳で2m33の日本記録(現・歴代2位、屋外日本最高)を樹立し、現役を退いてからは東京高で教員として指導実績を重ねてきた醍醐氏もまた、母校に帰って今度は学生アスリートの育成に尽力する。

未だ男子400mの日本記録保持者である高野監督は、東海大が日本インカレで総合優勝していた当時に学生だったオリンピアン2人が指導スタッフに加わることを歓迎し、「それぞれ社会人になってから素晴らしい経験をしてきている2人には、母校のチーム作りに大いに貢献してもらって、再び活気のある陸上部を作っていきたい」と期待を寄せた。さらには「ぜひとも自分を超えるような選手を育て、指導してほしい」と、長期的な展望も語った。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com