月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子20kmWで楊家玉が1時間23分49秒の世界新! 男子20kmWでは王が世界歴代3位/中国競歩選手権

中国・黄山で3月20日に開催された中国競歩選手権の女子20kmで、楊家玉(Yang Jiayu)が1時間23分49秒で優勝し、従来の世界記録(1時間24分38秒)を49秒更新した。従来の世界記録保持者だった劉紅も出場し、自己ベストを更新する1時間24分27秒で2位に入った。3位は2012年ロンドン五輪銀メダリストの切陽什姐で、自己新の1時間24分45秒をマーク。同一レースで3人が1時間25分以内のタイムを出したのは史上初だった。

優勝した楊は2017年ロンドン世界選手権の金メダリスト。これまでの自己ベストは19年に出した1時間25分34秒だった。

男子20km競歩では2018年ジャカルタ・アジア大会王者の王凱華(Wang Kaihua)が世界歴代3位の1時間16分54秒で優勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com