月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

亜大・拓大を率いた岡田正裕氏が現場復帰!小森コーポレーションのアドバイザーに就任


小森コーポレーションは3月19日、亜大、拓大を率い、亜大時代には箱根駅伝を制した岡田正裕氏がアドバイザーに就任したと発表した。

岡田氏は現在75歳。熊本県出身で亜大卒。ニコニコドー監督時代には松野明美を指導し、1988年ソウル五輪に送り出した。1999年に母校・亜大の監督に就任すると、2006年に箱根駅伝初優勝に導いた。2010年には拓大の監督に就任し、11年には箱根駅伝で同大最高順位の7位に入っている。2019年の箱根駅伝を最後に退任していた。

チームは「これまで大学、実業団の選手育成に大いに尽力され、日本代表選手を育て、数多くの選手を輩出してきた」と、岡田氏の実績を高く評価。「チームのさらなる成長に注力し、応援しただけるチームを目指して活動してまいります」としている。岡田氏は同社を通じ「アドバイザーという立場で強化に携わることになりました。経験を生かし、より強いチーム作りに貢献していきたい」とコメント。小森コーポレーションには拓大時代の教え子である金森寛人、馬場祐輔が所属しており、いずれも拓大の主将を務めている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com