月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

14年アジア大会男子マラソン銀メダルの松村康平が現役を引退し、指導の道へ


2014年アジア大会の男子マラソン銀メダリスト・松村康平(三菱重工、34歳)が、3月末で現役を引退することが明らかになった。2月28日のびわ湖毎日マラソン(2時間18分44秒/156位)が選手生活最後のレースとなり、今後はすでに兼任していたコーチに専念。後進の育成にあたっていくという。

大阪・清風高から山梨学大に進み、大学では3、4年時に箱根駅伝の1区に出走。4年時には主将を務めた。2009年に大学を卒業し、現チーム(当時・三菱重工長崎)入り。マラソンや駅伝で徐々に活躍の場を広げていくと、2014年の東京マラソンで2時間8分09秒をマークして日本人トップに輝き、同年のアジア大会代表に選出。韓国・仁川で開催されたアジア大会では、トラック勝負で敗れたものの銀メダルに輝いた。

自己ベストは5000m13分48秒14(14年)、10000m28分27秒04(13年)、ハーフマラソン1時間2分37秒(19年)、マラソン2時間8分09秒(14年)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com