HOME 書籍

2017.12.14

青春賛歌 インターハイ70年史
青春賛歌 インターハイ70年史
青春賛歌 インターハイ70年史 from 61st to 70th

上の画像をクリックするとサンプルがご覧になれます



2007年に刊行した「インターハイ51~60回大会史」から10年がたち、その後のインターハイ10大会の足跡をまとめた「インターハイ70年史from 61st to 70th ―61~70回大会史」。
第61回大会から第70回大会までの各大会を詳細な写真を中心に、入賞者一覧とセットにしてプレイバック。さらに、この10年間を代表する活躍を見せた桐生祥秀選手(洛南高卒)、ヘンプヒル恵選手(京都文教高卒)のインタビュー、および洛南高・柴田博之監督、東大阪大敬愛高・柿内貞宣監督、東京高・大村邦英監督の回顧録、各都道府県のレポートなどを収録した保存版です。


青春賛歌 インターハイ70年史

●61回~70回ハイライト
●「夏、10年の記憶」
▪トップアスリート編
桐生 祥秀(東洋大)、ヘンプヒル 恵(中大)
▪指導者編
柴田 博之(京都・洛南高顧問)、柿内 貞宣(大阪・東大阪大敬愛高監督) 、大村 邦英(東京・東京高前監督)
●大会プレイバック&入賞者一覧
●レポート
都道府県委員長
インターハイ開催県委員長
●インターハイ資料
日本高校記録、インターハイ大会記録
70年の偉業、歴代優勝校
70回累計得点ベスト100
61回~70回累計得点ベスト100
都道府県対抗得点


※書店ではお買い求めになれません。

編集・発行 (公財)全国高体連陸上競技専門部
発 行 日 2017年11月30日
製   作 月刊陸上競技編集部
体   裁 B5判カバー装 144ページ
価   格 1950円(送料・税込)

 

書籍を購入する

青春賛歌 インターハイ70年史 from 61st to 70th
[foogallery id="2497"]

上の画像をクリックするとサンプルがご覧になれます


2007年に刊行した「インターハイ51~60回大会史」から10年がたち、その後のインターハイ10大会の足跡をまとめた「インターハイ70年史from 61st to 70th ―61~70回大会史」。 第61回大会から第70回大会までの各大会を詳細な写真を中心に、入賞者一覧とセットにしてプレイバック。さらに、この10年間を代表する活躍を見せた桐生祥秀選手(洛南高卒)、ヘンプヒル恵選手(京都文教高卒)のインタビュー、および洛南高・柴田博之監督、東大阪大敬愛高・柿内貞宣監督、東京高・大村邦英監督の回顧録、各都道府県のレポートなどを収録した保存版です。

青春賛歌 インターハイ70年史

●61回~70回ハイライト ●「夏、10年の記憶」 ▪トップアスリート編 桐生 祥秀(東洋大)、ヘンプヒル 恵(中大) ▪指導者編 柴田 博之(京都・洛南高顧問)、柿内 貞宣(大阪・東大阪大敬愛高監督) 、大村 邦英(東京・東京高前監督) ●大会プレイバック&入賞者一覧 ●レポート 都道府県委員長 インターハイ開催県委員長 ●インターハイ資料 日本高校記録、インターハイ大会記録 70年の偉業、歴代優勝校 70回累計得点ベスト100 61回~70回累計得点ベスト100 都道府県対抗得点
※書店ではお買い求めになれません。
編集・発行 (公財)全国高体連陸上競技専門部
発 行 日 2017年11月30日
製   作 月刊陸上競技編集部
体   裁 B5判カバー装 144ページ
価   格 1950円(送料・税込)
 
書籍を購入する

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top