月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・秦澄美鈴が6m35でシーズンイン飾る 男子走幅跳は嶺村が7m73でV/JAG大崎室内

◇2021 Japan Athlete Games in Osaki(2月28日/鹿児島県大崎町)
鹿児島県大崎町にあるジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で2021 Japan Athlete Games in Osakiが行われ、女子走幅跳は秦澄美鈴(シバタ工業)が6m35で優勝した。秦は1回目ファウルのあと、優勝記録となる6m35を跳ぶとその後も、6m31、6m23、6m31、6m15とすべて6mを超える安定感を見せた。

昨年10月の日本選手権以来の試合となった秦。その日本選手権では6m12で3位と連覇を逃しており「トラウマじゃないけど、少し不安はあった」と言う。それでも、「記録を狙いつつ、楽しもう」と臨み、2回目の好記録に「少しビックリした」と振り返る。身体の調子の良さを感じていたようで、「自己記録(6m45)くらい跳べれば120点満点だったかな」と笑顔を見せた。

この日は「ある程度、イメージ通りの助走はできました。踏み切りとかみ合わせて、理想の跳躍ができれば」と秦。東京五輪シーズンに向けて「参加標準記録(6m82)を跳ばないといけない。狙いを定めて跳べれば」とプランを描く。今後は3月の日本選手権室内を経て、春のトラックシーズンへ入る予定だという。

男子走幅跳は嶺村鴻汰(富士通)が7m73で優勝。ここ数年はケガなどで苦しんだが、「動き作りなど基礎から見直していて、大きな記録を狙える期待が持てている」と手応えをつかんでいる様子だ。びわ湖毎日マラソンでチームメイトの鈴木健吾が日本記録を樹立し、「今年はニューイヤー駅伝からいい流れが来ています。日本一のチームだと思われるようにしていきたい」と仲間の快挙に刺激を受けていた。男子棒高跳は石川拓磨(TCS)が自己ベストに並ぶ5m50で優勝。19年世界選手権代表の山本聖途(トヨタ自動車)は5m30を2回目で成功したあと、5m50を失敗して4位で終え、江島雅紀(日大)は脚に違和感があったため5m20の2回目をパスして競技を終えた。

午後からはトラック種目がスタート。男子100m予選には山縣亮太(セイコー)が出場し10秒50。昨年の日本選手権女子200mを制した地元・鹿児島の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は同予選に登場して11秒81だった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com