月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣亮太が室内100mで復帰戦“日本最高”10秒39「ケガなく2本走れた」/JAG大崎室内


◇2021 Japan Athlete Games in Osaki(2月28日/鹿児島県大崎町)

鹿児島県大崎町にあるジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で2021 Japan Athlete Games in Osakiが行われ、男子100mに山縣亮太(セイコー)が出場。予選で10秒50、決勝は10秒39をマークして優勝し、「ケガなく2本走れてよかった」とホッとした表情を浮かべた。

「今日は緊張しました」と山縣。昨年は右膝を2019年は肺気胸とケガが続き、復帰戦となった昨年8月のセイコーゴールデングランプリ東京で予選落ち。10月の日本選手権は右膝を痛めて欠場していた。久しぶりの実戦で「予選は思ったよりタイムも悪かった」という。その予選後に室内の100mでの日本最高記録が2002年に朝原宣治が出した10秒41であることを関係者から聞き、「決勝はそれを狙いました」と笑う。宣言通りの「日本室内最高記録」に「大変光栄です。朝原さんを超えられたのをモチベーションにしたい」と話す。

走り自体は「予選は45m付近でトップスピードが出ていて、スタートから序盤で力を使い切ってしまった」と言い、決勝はタイムを気にせず「30mまで余力を持って重心移動していく」ことを意識。予選から決勝にかけての流れは及第点を与えていた。

この冬はウエイトトレーニングでも数字よりも質をこれまで以上に意識。「膝に負担がかからないように、ちゃんとした動きで上げられるように」取り組んできた。合わせてクセになっている右足の接地が外に開く部分も少しずつ改善を図っている。

これまでオリンピックイヤーに強さを発揮してきた山縣。「1試合、1試合、しっかりやっていきたい。今までで一番の走りができるようにしたいです」。2021年、強い山縣がトラックに帰ってくる。

山縣に食らいつき、同タイムで2位だったのが竹田一平(スズキAC)。「これまでで一番練習してきました」と自信をつかんだ様子だった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com