月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

実業団ハーフ市田孝が日本歴代4位の60分19秒で日本人トップの2位


◇第49回全日本実業団ハーフマラソン(2月14日/山口・維新みらいふスタジアム発着)

全日本実業団ハーフマラソンが山口で開催され、男子は市田孝(旭化成)が1時間0分19秒をマークして日本人トップの2位に入った。優勝したのはP.M.ワンブイ(NTT西日本)で1時間0分12秒。

最初の5kmはワンブイと村山謙太(旭化成)が14分19秒で通過した。だが、10kmまでに村山が脱落。B.キマニ(コモディティイイダ)と市田孝(旭化成)が先頭集団に顔を出し、10km通過が28分30秒。さらにトップ集団は市田を含め3人で進み15kmは42分54秒で通過した。最後はワンブイのスパートに屈したが、市田が1時間0分19秒で2位。大東大時代にマークした1時間2分03秒の自己記録を大幅に更新した。

■全日本実業団ハーフマラソン上位成績
男子
1.00.12 パトリック・マゼンゲ・ワンブイ(NTT西日本)
1.00.19 市田孝(旭化成)
1.00.30 ベナード・キマニ(コモディティイイダ)
1.01.13 古賀淳紫(安川電機)
1.01.14 野中優志(大阪ガス)
1.01.16 細谷恭平(黒崎播磨)
1.01.17 牟田祐樹(日立物流)
1.01.19 永戸 聖(日立物流)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com