月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】東洋大・宮下が連続5区へ! 吉川4区、西山は補欠登録/区間エントリー

1月2日、3日に行われる第97回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日発表された。

前回まさかの10位に沈んだ東洋大。3年連続で1区を務めている西山和弥(4年)は補欠登録となり、当日変更でのメンバー入りが予想される。往路優勝に向けては西山の復活が不可欠か。前回5区区間記録で区間賞を獲得した宮下隼人(3年)は今回も5区にエントリー。全日本大学駅伝では8区区間4位と好走しており、5区か平地か注目されていた。柏原竜二以来の2年連続5区区間賞なるか。

2年連続3区に入っていた吉川洋次(4年)は4区へ。4人エントリーされていた1年生のうち、松山和希は2区に登録された。連続トップ3が11で途切れた東洋大。往路から「1秒をけずりだす」走りで上位返り咲きを狙う。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。今大会から当日変更のルールが変わり、これまでの4人から6人の選手変更が可能となり、往路・復路それぞれ最大4人変更できる。

●東洋大
19年連続79回目出場
優勝4回
●区間エントリー
1区 児玉 悠輔(2)
2区 松山 和希(1)
3区 村上 太一(1)
4区 吉川 洋次(4)
5区 宮下 隼人(3)
6区 九嶋 恵舜(1)
7区 蝦夷森章太(3)
8区 腰塚 遥人(3)
9区 小田 太賀(4)
10区 清野 太雅(2)
・補欠
大澤  駿(4)
西山 和弥(4)
野口 英希(4)
久保田悠月(2)
前田 義弘(2)
佐藤 真優(1)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com