月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】女子に続き男子も世羅がV 最多優勝回数を10に伸ばす/全国高校駅伝


男子第71回全国高校駅伝が20日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする7区間42.195kmのコースで行われ、世羅(広島)が2時間1分31秒で5年ぶり10回目の優勝を果たした。午前中に行われた女子も世羅が制しており、5年ぶり2回目の男女優勝となった。
世羅は1区で2年生の森下翔太が区間9位で発進すると、2区吉本真啓が4人をかわして5位に浮上。すると、3区のコスマス・ムワンギが8.1075kmを22分39秒と激走。2004年にサムエル・ワンジル(仙台育英)が樹立した区間記録を1秒塗り替えて先頭に躍り出ると、2位には55秒のリードを奪った。
4区以降は佐久長聖(長野)、洛南(京都)、仙台育英(宮城)らに差を詰められたものの、アンカーの塩出翔太が追撃を振り切り、優勝回数を史上初めてふたケタの「10」に伸ばした。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com