月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】五輪代表・田中希実が来年1月に10000mに出場 全国女子駅伝代替大会


女子1500mと3000mの日本記録保持者で、12月の日本選手権5000mで優勝して東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)が、来年1月に10000mに出場することがわかった。

毎年、1月に京都で行われていた全国都道府県対抗女子駅伝がコロナ禍により中止。その代替大会として、1月17日、たけびしスタジアム京都(西京極)でトラックレースとして開催される「京都 女子駅伝・中長距離競技会」のエントリーが終了。田中が10000mにエントリーしていることが大会事務局から発表されている。

田中は日本選手権クロカンの覇者として出場資格を得た昨年の日本選手権で初めて10000mに出場。32分25秒81をマークして6位に入っている。田中は今季1500mと5000mで日本選手権優勝。1500mで4分05秒27、3000mで8分41秒35の日本新を樹立し、東京五輪の参加標準記録を突破していた5000mで五輪代表に内定している。

また、チームメイトとの後藤夢が5000mにエントリー。10000mには筒井咲帆(ヤマダホールディングス)や岡本春美(三井住友海上)らも出場を予定している。大会には近畿圏に在住または在勤・在学の大学生、実業団や、近畿圏の中高生が出場。恒例の「少女ミニ駅伝」も行われる。

都道府県女子駅伝は都道府県対抗の「オールスター戦」で、中学生から実業団まで各カテゴリーの選手たちがタスキをつなぎ都大路を駆け抜ける1月の風物詩となっている大会。21年大会はコロナ禍により初の中止となった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com