月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【海外】21年3月の南京世界室内選手権が2年間の延期 コロナ禍予測つかず

世界陸連(WA)は、2021年3月に中国・南京で開催を予定していた世界室内選手権につて延期することが決まったと発表した。世界陸連によると、開催準備に向けて中国陸連と連携を図ってきたが、年明けの新型コロナウイルスの収束について「不確定要素が大きい」と延期が決定。中国陸連が準備を進めてきたこともあり、中止ではなく2023年の3月へ延期が決まった。

世界室内選手権は2年おきに開催。本来であれば今年3月に開催予定だったがコロナ禍のため1年延期されていた。
なお、2022年にはベオグラード(セルビア)で開催することが決まっているため、翌23年に南京大会を開催する見込み。

東京五輪の選考の一つであるワールドランキングのポイント獲得に向けた大事な競技会となっており、本日、日本陸連から発表された女子4×400mリレーも代表を派遣する予定だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com