月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】五輪金メダリスト相次ぎ逝去 60年五輪・十種ジョンソン氏、76年五輪・走幅跳ロビンソン氏

オリンピックの金メダリストの訃報が続いている。1960年ローマ五輪の十種競技を制したレイファー・ジョンソン氏(米国)が12月2日に自宅で亡くなった。86歳だった。ジョンソン氏は56年メルボルン五輪銀メダル、60年金と2大会でメダルを獲得。引退後は俳優やキャスターとしても活躍した。84年ロス五輪では聖火リレーの最終走者も務めている。

また、12月1日には1976年モントリオール五輪の男子走幅跳で優勝したアーニー・ロビンソン氏(米国)も死去。72歳だった。同大会では8m35をマーク。その前の72年ミュンヘン五輪でも銅メダルを獲得している。同日にはソ連の女子スプリンター、マリヤ・イトキナが88歳で亡くなった。女子400mが五輪など国際大会で正式種目となる前に400mを中心にロングスプリントで活躍。欧州選手権などタイトルを総なめにし、世界記録は複数種目をまたいで9回更新している。64年東京五輪から400mが正式種目に加わり、当時32歳で全盛期は過ぎてしまったイトキナだったが5位入賞。引退後はベラルーシなどで指導者として後進の指導に当たり、2000年にはIOCから表彰されている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com