月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】世界選手権100mV コールマンが出場停止処分に異議申し立てへ


昨年のドーハ世界選手権・男子100mを制したクリスチャン・コールマン(米国)がドーピング検査を複数回免れて2年間の出場停止処分が下った問題で、コールマンをマネジメントする会社のSNSが裁定に対して「スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てするつもりである」と明かした。

コールマンは昨シーズン9秒79の世界リストトップに立ち、世界選手権も優勝。今回は3度の居場所状況の提出を怠ったとして、世界反ドーピング機関(WADA)の規定に違反したとして、2年間の出場停止処分が下された。覆られなければ来年の東京五輪に出場することはできない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com