月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】大迫傑が米国でハーフマラソン出場へ ラップらと記録狙う


男子マラソンの東京五輪代表で日本記録(2時間5分29秒)を持つ大迫傑(Nike)が、10月30日にハーフマラソンに出場することがわかった。現地メディアが報じている。

米国フロリダ州レーン郡で行われる予定で、ゲーレン・ラップ(米国)らと記録を狙って出場。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためコースや開催時間は非公開とされている。

ハーフマラソンの日本記録は小椋裕介(ヤクルト)が持つ60分00秒。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com