月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【ハンマー投】垂井祐志が高校歴代2位の68m25でV/全国高校大会


◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)初日

 インターハイ中止を受けて従来のU20・18日本選手権を「全国高校大会」と銘打って高校生の日本一決定戦として開催された今大会。初日に行われた男子ハンマー投でビッグアーチが飛び出した。

 垂井祐志(四学香川西3香川)が3回目に68m25を投げて優勝。この記録は高校記録まであと8cmに迫る歴代2位の好記録だった。「1年間、目標にしてきた大会だったのでうれしいです」と笑顔。「今年最後の大会かつ、唯一の全国大会で、自己ベストで勝てたのでよかった」と話す。

 投てき自体を振り返り、「1回目はハンマーと身体が釣り合っていなかった」と言い、それを修正した3回目は「ハンマーを持っている感覚がないくらいスピードを出せてターンできていました」と会心の投げだった。あとわずか届かなかった高校記録に「少し悔しい」と話し、年明けの記録会に出場できれば「狙いたい」と意気込みを語った。

2位には地元・広島の迫田力哉(西条農3)が65m37をマークして入った。ランキングトップで臨み「少しプレッシャーもありました」と言い、「一発大きいのが出なかったのが弱さ」と悔やんだ。それでも、「1~3投目までは感覚も良かった」と手応えもつかんだようで、「相手が強かったです」とライバルを称えた。

■男子ハンマー投
垂井 祐志(四学香川西3香川)68m25
迫田 力哉(西条農3広島)  65m37
小島 健誠(名古屋大谷3愛知)63m42
西岡 大騎(保善3東京)   62m56
鈴木 潤壱(浜松北3静岡)  61m80
野田 昂汰(綾部3京都)   60m86
佐々木健介(新津工3新潟)  60m68
小河  彪(久居2三重)   59m54



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com