月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】「27分台は出せる」佐藤悠基が東京五輪に意欲


 2012年ロンドン五輪男子5000m、10000m代表で、昨年のマラソングランドチャンピオンシップにも出場した佐藤悠基(日清食品グループ)が10月19日、スポーツドリンク「モルテン」の新作発表会に出席して今後の展望を明かした。

 所属する日清食品グループ陸上競技部が規模を縮小し、現在在籍している選手は佐久長聖高(長野)→東海大の後輩である村澤明伸と佐藤、そして三浦洋希の3人。練習は基本的には1人で行い、練習メニューも自分で考える「セルフコーチ」で活動しているという。

「契約は1年ごとなので移籍も視野に入りますし、そのためにも結果を残したい。もし移籍して駅伝に出てほしいと言われたら、所属先の方針に沿って走るつもりでいます」

 マラソンに取り組むのは早くても来年秋以降で、当面はトラックに集中。今年12月の日本選手権10000mに出場を予定する。10月17日の東海大長距離競技会5000mでは13分34秒71をマークしており、11月に34歳になる今でも「(10000mで)27分台は出せる」と断言。「もっと上を見据えている。社会人1年目に出した自己ベスト(27分38秒25、2009年)の更新も狙いたい」と向上心をみなぎらせた。

 東京五輪はマラソンでの代表入りはなくなったものの、トラック種目での出場には可能性を残している。「オリンピックばかりを目標にすると無理をしてケガをしがち。現状を把握して最善を尽くしたい」としながらも、「30代半ばになって(トラック長距離種目の)代表になる選手はいない。もう一度勝負したい気持ちはある。若い選手の希望になれたら」と佐藤。これまで中学記録(3000m)、高校最高記録(10000m)、U20日本記録(5000m)を塗り替え、数々の金字塔を打ち立ててきたエリートランナーが東京五輪に意欲を示した。

◎佐藤悠基(さとう ゆうき)
1986年11月26日生まれ、静岡県出身。179cm、60kg。清水南中(静岡)→佐久長聖高(長野)→東海大→日清食品グループ。2012年ロンドン五輪5000m&10000m代表。世界選手権は2011年、13年と2度出場。自己記録は3000m7分44秒63(日本歴代3位、2010年)、5000m13分13秒60(日本歴代5位、2013年)、10000m27分38秒25(日本歴代5位、2009年)、ハーフマラソン1時間1分06秒(2020年)、マラソン2時間8分58秒(2018年)。

文/山本慎一郎

【マラソン】プロランナーの福田穣が「NNランニングチーム」加入 キプチョゲとチームメイトに
編集部コラム「日本選手権優勝者を世代別にまとめてみた」
編集部コラム「箱根駅伝の高速化を検証」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com