月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

スポーツ庁の室伏広治長官が全国中学大会を視察「コロナ禍を忘れるほど」


10月16日の全国中学生大会・初日の会場にスポーツ庁長官に就任した室伏広治氏が視察に訪れた。室伏長官は大会の様子を視察したほか、表彰式のプレゼンターも務めた。

ハンマー投日本記録保持者の室伏長官。現職に就任してから初の陸上競技会で「私も陸上の出身ですし、思い入れがあります。こうして大会が開かれてうれしく思います。コロナ禍を忘れるくらい、子供たちが頑張っている姿が印象的でした」と感想を述べた。

今大会は中止となった夏の全中の代替的な役割を担う大会で、「残念ながらインターハイ、全中が中止になりましたが、こうしたチャンスができてよかった。スポーツは身体と心を元気にする、教育的な意義があるもの。これからも広げていきたい」と話した。

来年の東京五輪開催に向けて、「こうして一つひとつの国内の大会を、対策をしっかりして行っていくことが大事。スポーツ全体で広げていきたい」とした。また、先日、セバスチャン・コー会長が陸上の世界選手権開催案や、トラック存続を要望したことについては、「私も陸上出身ですから、五輪・パラリンピック後に、そういった世界大会が誘致できるのであればとても意義のあること。そういう大会が開催できるように期待しています」と、国立競技場のトラック存続に向けて期待を寄せていた。

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com