HOME 特集

2020.10.14

【展望】2020全国中学生大会みどころ(女子編)
【展望】2020全国中学生大会みどころ(女子編)

 今大会は走高跳、棒高跳は連続する2回の失敗試技で競技が終了となり、走幅跳、砲丸投は選手全員に2回の試技が与えられ、2回の試技が終了した時点でトップ16の選手がさらに2回の試技ができる特別ルールが設けられている。従来より試技数が減り、記録を狙うには難しい条件となっている。また、10月16~18日は雨の予報が出ており、記録が出にくいコンディションが予想されるが、好記録を期待したい。

100mは先村と南の11秒台対決

 100m先村若奈(高川学園3山口)が8月に11秒89、南こはる(奈良学園登美ヶ丘3奈良)も7月に11秒98をマークしてランキング1、2位を占める。昨年の全中4位タイ、ジュニア五輪Cでは優勝を飾っている谷口紗菜(福島三3福島)も含めた優勝争いが見られそうだ。

100mは先村若奈(高川学園3山口)が11秒89でランキングトップ

 200mでは昨年の全中で4位に入った瀧野未来(男山東3京都)や今季中学最高の24秒56をマークしている好井愛結(氷丘3兵庫)が注目選手。1年から全国大会で入賞している税田ジェニファー璃美(大津3神奈川)も10月3日の神奈川県中学大会で25秒17(+0.1)を出し、調子を上げてきている。
 800mは昨年の全中3位の武田亜子(三島南3静岡)が2分10秒38の今季ランキングトップに立ち、優勝に一番近いポジションにいる。同じく全中4位の松本未空(平田野3三重)や、昨年2分10秒56をマークしている下森美咲(熊西3福岡)も優勝を狙える位置にいる。
 1500mは昨年のジュニア五輪Bクラスでメダルを獲得した水越麻衣(草加3埼玉)、小嶋聖來(六ツ美北3愛知)、新楓菜(飾磨西3兵庫)がそろってエントリー。なかでも小嶋は今季中学最高の4分27秒57をマークするなど好調だ。
 100mハードルでは昨年の全中3位で13秒75のタイムを持つ宮﨑叶和(長崎日大3長崎)がエントリー。今季は故障などもあり、ハードルの公認レースには出場していないものの、全国に向けて仕上げてくるだろう。エントリー選手で今季最高タイムは岸本礼菜(咲くやこの花2大阪)の14秒01。14秒09の野村美月(小山城南3栃木)とともに頂点を狙う。
 4×100mリレー平岡(兵庫)が兵庫県中学通信で48秒09と今季ダントツのタイムを出している。48秒72でランキング2位の駒沢(東京)は100m12秒16のロス瑚花アディアをアンカーに据え、平岡に迫りたい。

林・四種競技で再びの中学新なるか

 走高跳は1m65以上の記録を持つ三宅花音(郡山四3福島)、比嘉桃花(石垣アスリート3沖縄) 、森崎優希(八王子六3東京)が優勝争いの中心。

走高跳で1m67の記録を持つ三宅花音(郡山四3福島)

 走幅跳は8月29日の愛知県中学通信で5m80をマークした松村琴都(TSM3愛知)が今季トップ。ランキングでは5m75の釣本陽香(郡山南3奈良)、5m66の結城心優(春野3高知)が続き、表彰台争いを展開しそうだ。
 砲丸投は10月に14m44を投げた坂山成(多気3三重)が金メダル候補。14m10台の記録を持つ濵田桃子(和白3福岡)、オボルディ衣乃帆(酒々井3千葉)も優勝の可能生を秘める。

10月4日に砲丸投で14m44をマークした坂山成(多気3三重)

 四種競技は愛知県中学通信で3191点の中学記録を樹立した林美希(翔南3愛知)が優勝を目指す。得意の100mハードルは13秒90がベストだが、さらに短縮する可能生を持つ。3059点の下元香凜(御堂3東京)はベストが1m66の走高跳で得点を稼ぎ、林にどこまで迫まれるか。また、林と同じクラブに所属する田島七里香(TSM3愛知)は3000点超えを目指す。

男子の展望はこちら

全国中学生大会出場者 2020年ランキング

100m
11.89 1.4 先村 若奈(高川学園3山口) 8. 1
11.98 1.3 南 こはる(登美ヶ丘3奈良) 7.18
12.05 -0.9 佐藤 俐有(田原東部2愛知) 8.30
200m
24.56 1.7 好井 愛結(氷丘3兵庫)     8.30
24.74 1.1 磯貝 唯菜(笠井3静岡)     8.15
25.03 1.6 島田 幸羽(咲くやこの花2大阪) 8.22
800m
2.10.38 武田 亜子(三島南3静岡) 8. 1
2.12.39 松本 未空(平田野3三重) 8. 2
2.12.57 森  千莉(浄水3愛知)  8.30
1500m
4.27.57 小嶋 聖来(六ツ美北3愛知) 8.29
4.30.51 壁谷 衿奈(竜海3愛知)   8.29
4.31.16 水越 麻衣(草加3埼玉)   8.22
110mH
13.90 1.2 林  美希(翔南3愛知)     8.29
14.01 0.0 岸本 礼菜(咲くやこの花2大阪) 9.22
14.09 1.3 野村 美月(小山城南3栃木)   8.22
4×100mR
48.09 平岡・兵庫  8.29
48.72 駒沢・東京  8. 1
48.74 京山・岡山  8.23
走高跳
1.67 三宅 花音(郡山四3福島)      7.19
1.66 比嘉 桃花(石垣島アスリート3沖縄) 7.25
1.65 森崎 優希(八王子六3東京)     8. 2
走幅跳
5.80 0.0 松村 琴都(TSM3愛知) 8.29
5.75 1.4 釣本 陽香(郡山南3奈良) 9.13
5.66 0.6 結城 心優(春野3高知)  8. 8
砲丸投
14.44 坂山  成(多気3三重)  8.10
14.28 濵田 桃子(和白3福岡)  10.1
14.20 山田 真央(御幸山3愛知) 10.3
四種競技
3191 林  美希(翔南3愛知)  8.29
3059 下元 香凛(御堂3東京)  8. 9
2975 田島七里香(TSM3愛知) 8.29

大会情報

公式サイト
スタートリスト
タイムテーブル
ライブ配信

 今大会は走高跳、棒高跳は連続する2回の失敗試技で競技が終了となり、走幅跳、砲丸投は選手全員に2回の試技が与えられ、2回の試技が終了した時点でトップ16の選手がさらに2回の試技ができる特別ルールが設けられている。従来より試技数が減り、記録を狙うには難しい条件となっている。また、10月16~18日は雨の予報が出ており、記録が出にくいコンディションが予想されるが、好記録を期待したい。

100mは先村と南の11秒台対決

 100m先村若奈(高川学園3山口)が8月に11秒89、南こはる(奈良学園登美ヶ丘3奈良)も7月に11秒98をマークしてランキング1、2位を占める。昨年の全中4位タイ、ジュニア五輪Cでは優勝を飾っている谷口紗菜(福島三3福島)も含めた優勝争いが見られそうだ。 100mは先村若奈(高川学園3山口)が11秒89でランキングトップ  200mでは昨年の全中で4位に入った瀧野未来(男山東3京都)や今季中学最高の24秒56をマークしている好井愛結(氷丘3兵庫)が注目選手。1年から全国大会で入賞している税田ジェニファー璃美(大津3神奈川)も10月3日の神奈川県中学大会で25秒17(+0.1)を出し、調子を上げてきている。  800mは昨年の全中3位の武田亜子(三島南3静岡)が2分10秒38の今季ランキングトップに立ち、優勝に一番近いポジションにいる。同じく全中4位の松本未空(平田野3三重)や、昨年2分10秒56をマークしている下森美咲(熊西3福岡)も優勝を狙える位置にいる。  1500mは昨年のジュニア五輪Bクラスでメダルを獲得した水越麻衣(草加3埼玉)、小嶋聖來(六ツ美北3愛知)、新楓菜(飾磨西3兵庫)がそろってエントリー。なかでも小嶋は今季中学最高の4分27秒57をマークするなど好調だ。  100mハードルでは昨年の全中3位で13秒75のタイムを持つ宮﨑叶和(長崎日大3長崎)がエントリー。今季は故障などもあり、ハードルの公認レースには出場していないものの、全国に向けて仕上げてくるだろう。エントリー選手で今季最高タイムは岸本礼菜(咲くやこの花2大阪)の14秒01。14秒09の野村美月(小山城南3栃木)とともに頂点を狙う。  4×100mリレー平岡(兵庫)が兵庫県中学通信で48秒09と今季ダントツのタイムを出している。48秒72でランキング2位の駒沢(東京)は100m12秒16のロス瑚花アディアをアンカーに据え、平岡に迫りたい。

林・四種競技で再びの中学新なるか

 走高跳は1m65以上の記録を持つ三宅花音(郡山四3福島)、比嘉桃花(石垣アスリート3沖縄) 、森崎優希(八王子六3東京)が優勝争いの中心。 走高跳で1m67の記録を持つ三宅花音(郡山四3福島)  走幅跳は8月29日の愛知県中学通信で5m80をマークした松村琴都(TSM3愛知)が今季トップ。ランキングでは5m75の釣本陽香(郡山南3奈良)、5m66の結城心優(春野3高知)が続き、表彰台争いを展開しそうだ。  砲丸投は10月に14m44を投げた坂山成(多気3三重)が金メダル候補。14m10台の記録を持つ濵田桃子(和白3福岡)、オボルディ衣乃帆(酒々井3千葉)も優勝の可能生を秘める。 10月4日に砲丸投で14m44をマークした坂山成(多気3三重)  四種競技は愛知県中学通信で3191点の中学記録を樹立した林美希(翔南3愛知)が優勝を目指す。得意の100mハードルは13秒90がベストだが、さらに短縮する可能生を持つ。3059点の下元香凜(御堂3東京)はベストが1m66の走高跳で得点を稼ぎ、林にどこまで迫まれるか。また、林と同じクラブに所属する田島七里香(TSM3愛知)は3000点超えを目指す。 男子の展望はこちら

全国中学生大会出場者 2020年ランキング

100m 11.89 1.4 先村 若奈(高川学園3山口) 8. 1 11.98 1.3 南 こはる(登美ヶ丘3奈良) 7.18 12.05 -0.9 佐藤 俐有(田原東部2愛知) 8.30 200m 24.56 1.7 好井 愛結(氷丘3兵庫)     8.30 24.74 1.1 磯貝 唯菜(笠井3静岡)     8.15 25.03 1.6 島田 幸羽(咲くやこの花2大阪) 8.22 800m 2.10.38 武田 亜子(三島南3静岡) 8. 1 2.12.39 松本 未空(平田野3三重) 8. 2 2.12.57 森  千莉(浄水3愛知)  8.30 1500m 4.27.57 小嶋 聖来(六ツ美北3愛知) 8.29 4.30.51 壁谷 衿奈(竜海3愛知)   8.29 4.31.16 水越 麻衣(草加3埼玉)   8.22 110mH 13.90 1.2 林  美希(翔南3愛知)     8.29 14.01 0.0 岸本 礼菜(咲くやこの花2大阪) 9.22 14.09 1.3 野村 美月(小山城南3栃木)   8.22 4×100mR 48.09 平岡・兵庫  8.29 48.72 駒沢・東京  8. 1 48.74 京山・岡山  8.23 走高跳 1.67 三宅 花音(郡山四3福島)      7.19 1.66 比嘉 桃花(石垣島アスリート3沖縄) 7.25 1.65 森崎 優希(八王子六3東京)     8. 2 走幅跳 5.80 0.0 松村 琴都(TSM3愛知) 8.29 5.75 1.4 釣本 陽香(郡山南3奈良) 9.13 5.66 0.6 結城 心優(春野3高知)  8. 8 砲丸投 14.44 坂山  成(多気3三重)  8.10 14.28 濵田 桃子(和白3福岡)  10.1 14.20 山田 真央(御幸山3愛知) 10.3 四種競技 3191 林  美希(翔南3愛知)  8.29 3059 下元 香凛(御堂3東京)  8. 9 2975 田島七里香(TSM3愛知) 8.29

大会情報

公式サイト スタートリスト タイムテーブル ライブ配信

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top