HOME 国内、日本代表、五輪
五輪4大会連続出場の飯塚翔太「世界との差感じてステップアップになる大会に」準決勝で自己新狙う
五輪4大会連続出場の飯塚翔太「世界との差感じてステップアップになる大会に」準決勝で自己新狙う

4度目の五輪に臨む飯塚翔太

ミズノが7月11日、オンラインで会見を開き、パリ五輪代表に内定した飯塚翔太(ミズノ)が報道陣の取材に応じた

陸上競技では男女通じて最多タイとなる4大会連続の五輪代表となった男子200mの飯塚。個人種目とした男子で初となる。

日本選手権を終え、4度目の大舞台を前に「まずはホッとした気持ちが大きいです。やっとスタートラインに立てた」と飯塚。4大会連続出場という偉業を達成できた要因について「1日、1日の練習に集中して、大事にしてきた成果。目の前の課題をクリアし続けてきたから」。また、「最近は後輩たちとトレーニングしているのも大きい。燃え続けるために誰かとやることが大事」と感謝する。

昨年はブダペスト世界選手権で準決勝に進み、国際大会自己最高となる20秒27をマークした。今回のパリ五輪も「一番世界との差を感じられる大会。次へのステップアップにしたい」と、向上心は尽きることがない。

目標とするのは「準決勝で自己記録(20秒11)を更新すること。そのためには予選をしっかり通過。前半を遅れすぎないように、前半からスピードアップして0.15秒は早くしたい」掲げている。

同じチームで出場するやり投のディーン元気は、同学年の盟友。こちらは2012年ロンドン五輪以来、3大会ぶりのオリンピックで、それも陸上界では初となる。

「ロンドンの時はお互い大学3年生で、下っ端でぴょこぴょこ先輩についていくだけでした。(世界に)出続けているほうが楽で、悪い時期が長いほうが大変だしすごいこと。一緒に出るのが楽しみですし、良い形で結果を出したいです」

誰からも慕われる偉大な“兄貴分”。「4回目という実感、何かがあるわけじゃないんです」。ギラギラの若手と同じような目の輝き。パリでもまた速くなるためのヒントを見つけて笑顔を見せるのだろう。

パリ五輪の陸上競技は8月1日から11日まで行われる。

ミズノが7月11日、オンラインで会見を開き、パリ五輪代表に内定した飯塚翔太(ミズノ)が報道陣の取材に応じた 陸上競技では男女通じて最多タイとなる4大会連続の五輪代表となった男子200mの飯塚。個人種目とした男子で初となる。 日本選手権を終え、4度目の大舞台を前に「まずはホッとした気持ちが大きいです。やっとスタートラインに立てた」と飯塚。4大会連続出場という偉業を達成できた要因について「1日、1日の練習に集中して、大事にしてきた成果。目の前の課題をクリアし続けてきたから」。また、「最近は後輩たちとトレーニングしているのも大きい。燃え続けるために誰かとやることが大事」と感謝する。 昨年はブダペスト世界選手権で準決勝に進み、国際大会自己最高となる20秒27をマークした。今回のパリ五輪も「一番世界との差を感じられる大会。次へのステップアップにしたい」と、向上心は尽きることがない。 目標とするのは「準決勝で自己記録(20秒11)を更新すること。そのためには予選をしっかり通過。前半を遅れすぎないように、前半からスピードアップして0.15秒は早くしたい」掲げている。 同じチームで出場するやり投のディーン元気は、同学年の盟友。こちらは2012年ロンドン五輪以来、3大会ぶりのオリンピックで、それも陸上界では初となる。 「ロンドンの時はお互い大学3年生で、下っ端でぴょこぴょこ先輩についていくだけでした。(世界に)出続けているほうが楽で、悪い時期が長いほうが大変だしすごいこと。一緒に出るのが楽しみですし、良い形で結果を出したいです」 誰からも慕われる偉大な“兄貴分”。「4回目という実感、何かがあるわけじゃないんです」。ギラギラの若手と同じような目の輝き。パリでもまた速くなるためのヒントを見つけて笑顔を見せるのだろう。 パリ五輪の陸上競技は8月1日から11日まで行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top