HOME 海外

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!
マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

男子400m前世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。

ジョンソン氏は近年の陸上人気低下を憂い、今年2月に商業的リーグの創設を発表していた。

大会は年4回の実施を予定しており、2大会を米国、2大会を米国外で開催する。100mから5000mまでのトラック種目のみを実施し、48選手がレーサーとしてリーグと契約する。

契約選手は基本報酬とともに競技成績による報酬を得られるが、4大会すべてに出場する必要があるとしている。選手はショートスプリント(100m/200m)やロングディスタンス(3000m/5000m)など6つのカテゴリーのいずれかに振り分けられ、カテゴリで優勝者を決めるという。

ジョンソン氏は「グランドスラム・トラック」の創設にあたり、「地球上で最も優れたレーサーたちのために、この新しいプラットフォームを立ち上げることに興奮しています」とコメント。各カテゴリの優勝者には10万ドル(約1570万円)、8位の選手でも1万ドル(約157万円)が送られる予定で、年間の賞金総額は1260万ドル(約20億円)にも上る。

すでにスポンサーなどから3000万ドル以上(約47億円)の資金を確保したと発表しており、今後さらなるプロモーション活動などで安定した運営を目指していくとしている。

また同日には女子400mハードルの世界記録保持者・S.マクローリン・レヴロン(米国)が1人目のレーサーとして契約したことが発表された。

陸上界では6月3日に世界陸連が賞金総額15億円の「世界陸上アルティメット選手権」を2025年からスタートすることを発表している。

「グランドスラム・トラック」のカテゴリーと該当種目
・ショートスプリント(100m/200m)
・ショートハードル(100mHまたは110mH/100m)
・ロングスプリント(200m/400m)
・ロングハードル(400H/400m)
・ショートディスタンス(800m/1500m)
・ロングディスタンス(3000m/5000m)

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 ジョンソン氏は近年の陸上人気低下を憂い、今年2月に商業的リーグの創設を発表していた。 大会は年4回の実施を予定しており、2大会を米国、2大会を米国外で開催する。100mから5000mまでのトラック種目のみを実施し、48選手がレーサーとしてリーグと契約する。 契約選手は基本報酬とともに競技成績による報酬を得られるが、4大会すべてに出場する必要があるとしている。選手はショートスプリント(100m/200m)やロングディスタンス(3000m/5000m)など6つのカテゴリーのいずれかに振り分けられ、カテゴリで優勝者を決めるという。 ジョンソン氏は「グランドスラム・トラック」の創設にあたり、「地球上で最も優れたレーサーたちのために、この新しいプラットフォームを立ち上げることに興奮しています」とコメント。各カテゴリの優勝者には10万ドル(約1570万円)、8位の選手でも1万ドル(約157万円)が送られる予定で、年間の賞金総額は1260万ドル(約20億円)にも上る。 すでにスポンサーなどから3000万ドル以上(約47億円)の資金を確保したと発表しており、今後さらなるプロモーション活動などで安定した運営を目指していくとしている。 また同日には女子400mハードルの世界記録保持者・S.マクローリン・レヴロン(米国)が1人目のレーサーとして契約したことが発表された。 陸上界では6月3日に世界陸連が賞金総額15億円の「世界陸上アルティメット選手権」を2025年からスタートすることを発表している。 「グランドスラム・トラック」のカテゴリーと該当種目 ・ショートスプリント(100m/200m) ・ショートハードル(100mHまたは110mH/100m) ・ロングスプリント(200m/400m) ・ロングハードル(400H/400m) ・ショートディスタンス(800m/1500m) ・ロングディスタンス(3000m/5000m)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top