HOME 海外

2024.06.09

走幅跳・テントグルーが8m65の自己新で3連覇!! ジェイコブス、インゲブリグトセン、ティアムが快勝/欧州選手権
走幅跳・テントグルーが8m65の自己新で3連覇!! ジェイコブス、インゲブリグトセン、ティアムが快勝/欧州選手権

23年世界選手権走幅跳で優勝したテントグルー

【動画】ジェイコブスが男子100m2連覇!

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月8日、欧州選手権の2日目が行われ、男子走幅跳では東京五輪金メダルのマイコラス・テントグルー(ギリシャ)が8m65(-0.3)の今季世界最高、大会新記録で優勝した。 テントグルーは1回目から8m42(-0.2)を跳んでリードを奪うと、3回目には8m49(-0.1)と記録を伸ばした。さらに5回目に自己記録を3年ぶりに5cm塗り替える8m65(-0.3)をジャンプ。6回目も同じ8m65(-0.3)で大会3連覇に花を添えた。 「こんなことは自分にしかできないだろう」と胸を張ったテントグルー。ターゲットのひとつであったギリシャ記録(8m66)には1cm及ばなかったが、「5回目の時点で疲れを感じていたが、コーチから『君ならできる』と励まされ、もう一度跳べたんだ」と試合を振り返った。 2位には19歳のマッティア・フルラーニ(イタリア)が8m38(-0.5)で続き、自らが今年樹立したU20世界記録を2cm更新した。また、予選で8m41を跳んでいたシモン・エハンマー(スイス)は8m31(-0.5)で銅メダルを獲得している。 女子七種競技ではリオ・東京五輪金メダルのナフィサトゥ・ティアム(ベルギー)が6848点(13秒74、1m95、15m06、24秒81/6m59、53m00、2分11秒79)の大会新で優勝。男子5000mは世界選手権2連覇中のヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が13分20秒11で制した。 イタリア勢が3つの金メダルを獲得。男子砲丸投はブダペスト世界選手権銀メダルのレオナルド・ファッブリが22m45の大会新で制し、男子110mハードルではロレンゾ・シモネッリが13秒05(+0.6)の自己新V。イタリア記録も樹立した。また、最終種目の男子100mでは東京五輪金のラモント・マルセル・ジェイコブスが10秒02(+0.7)で2連覇し、2位には自己新の10秒05をマークしたチトゥル・アリが続き、イタリア勢によるワンツー・フィニッシュとなっった。 女子円盤投は五輪・世界選手権で合計4つの金メダルを獲得しているサンドラ・エルカセビッチ(クロアチア/旧姓ペルコヴィッチ)が7連覇。男子20km競歩はブダペスト世界選手権銀メダルのペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)が1時間19分13秒で勝った。

【動画】ジェイコブスが男子100m2連覇!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.20

編集部コラム「8レーンはシードレーン?」

★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタ […]

NEWS シカゴマラソンのエントリー発表! 19年世界陸上銅・キプルト、丸山竜也らが登録  女子はチェプンゲティチ、ケベデら

2024.07.19

シカゴマラソンのエントリー発表! 19年世界陸上銅・キプルト、丸山竜也らが登録 女子はチェプンゲティチ、ケベデら

シカゴマラソンの主なエントリー選手 男子 A.キプルト(ケニア) V.キプケモイ・ゲティッチ(ケニア) D.ウォルデ(エチオピア) A.ワレレン(エチオピア) J.コリル(ケニア) H.モハメド・エサ(エチオピア) J. […]

NEWS 米ESPNが2000年以降のトップアスリートランキングを発表 9位にウサイン・ボルト、63位にアリソン・フェリックス

2024.07.19

米ESPNが2000年以降のトップアスリートランキングを発表 9位にウサイン・ボルト、63位にアリソン・フェリックス

ESPNによるプロアスリートトップ100をチェック 1位 マイケル・フェルプス(水泳) 2位 セリーナ・ウィリアムズ(テニス) 3位 リオネル・メッシ(サッカー) 4位 レブロン・ジェームズ(NBA) 5位 トム・ブレイ […]

NEWS お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top